心の家路

ソブラエティのための道具90 (41)
90 tools for sobriety (41)

ホーム > ソブラエティのための道具90 > 41

2009/11/12 

90 TOOLS FOR SOBRIETY

ソブラエティのための道具 90

41) 最初の一年間は(新しい)異性関係を避けなさい。きっとあなたはその人を優先して、自分のプログラムを見失うことになるから。
Avoid emotional involvements the first year - you end up putting the other person first and lose sight of "your" program.


「飲んでいるご本人は、毎日がお祭り騒ぎなんですよ」

と僕の精神科医は言いました。

飲んでいるアルコホーリクにとっては、毎日が非日常のハレの日です。酒をやめることは、退屈なケの日常を生きることでもあります。酒をやめてもお祭り騒ぎを求める心は簡単には消えてくれません。
だから、飲めない酒のかわりに、クスリに手を出してみたり、ギャンブルにはまったり、仕事中毒になってみたりと、いろいろなトラブルが待ちかまえています。

恋愛もその一つです。

なぜ恋はさめてしまうのか? と聞かれた脳科学者は「脳が自分を守るため」と答えたそうです。恋愛は脳にとって異常な興奮状態が続くことです。興奮が長期に渡れば脳が疲れ、壊れてしまいます。だから生存本能が恋をさますのだとか。恋はそれほどまでに非日常なのです。

非日常を求める心、つまり飲みたい気持ちが恋をさせるのでしょう。酒の代わりに別のものを使っている間は、回復は止まってしまいます。恋愛も例外ではないようです。

飲んできた過去や自分の欠点を見つめたりするよりも、好きな相手のことを考えるほうが気持ちがいい。ミーティングでほかのアルコホーリクと一緒にいるより、好きな相手と一緒にいたい。だから酒をやめる努力よりも、恋愛の努力を優先してしまうのは不思議ではありません。
とりわけ1年目は、酒をやめる努力を怠れば、すぐに酒が待ちかまえています。

人は自分の回復に見合ったレベルの恋愛相手を見つけると言います。だから1年目に見つける相手は「それなり」でしかない。回復してからの方が、もっと素敵な相手が見つかる。これは多くのメンバーの経験に裏打ちされた法則だと思います。

少なくとも、1年ぐらい恋をしなくても死にはしませんが、飲めば死ぬ確率は高いのですから。

版によって new があったりなかったりしたので、(新しい)としました。

次へ