心の家路 たったひとつの冴えないやりかた 

ホーム|アルコール依存症という病気|自助グループのススメ|このサイトの紹介|体験記|個人的見解|ブログ
日々雑記&NEWS |掲示板|道具90|書庫・資料置き場|リンク集|ご意見・お問い合わせ

ホーム > 日々雑記 & ニュース検索

たったひとつの冴えないやりかた
飲まないアルコール中毒者のドライドランクな日常
日々雑記もくじ過去へ

2018年09月19日(水) 嫌われ役を引き受ける

いま僕は埼玉に住んで、東京の職場に通勤しています。長野からこちらに引っ越してきて5年ちかくになりました。こちらに来て、「将来は依存症の人を手助けする仕事をしたい」と言う人たちと出会うようになりました。人には職業選択の自由がありますから、それがその人の意志ならば、周囲がとやかく言う必要はないとは思います。ただ、一般のAAメンバーの立場から見れば、例えば依存症の回復施設での仕事は「たいへんな仕事」であり、給料に魅力があるわけではなく、積極的に選びたい仕事ではない、というのが正直なところではないでしょうか。

依存症者の回復を援助する仕事なんかしたくない、というのが健康な人の考え方でしょう。ですから、あえてその仕事をしたいと思う人は、どこか病んだ部分を抱えている、というのが僕の見方です。援助の仕事をしたければ、なにもその対象を依存症者に限らなくても良いと思うからです。

話は変わって、どんな人が援助職という仕事に向いているか、という質問を受けることがあります。僕にそんなことを聞かれても、的を射た答えができる自信はありません。ただ、周囲を見渡していれば分かることもあります。

例えば、体力はあったほうが良いし、メンタルも強いほうが良い、頭の良さは常にアドバンテージになるし、美人・イケメンは何かとお得だし、育ちの良さは万人ウケします。そうしたところは、他の職業と何ら変わるところはありません。だから、他の職業だと自分は競争に不利だから、援助の仕事ならイケてる自分を実現できるかもしれない・・・などという動機で選ぶと、「こんなはずじゃなかった」という不満の多い職業生活を送ることになるでしょう。

むしろ、自分が狂っていることは十分分かった上で、それでも「ただやりたいからやる」という単純な動機の人のほうが強く、また満足感も強いと思うのです。

逆に、明らかに向いていないタイプも見受けます。それは「悪役になれない人」です。本当に助ける相手のことを思うならば、あえて冷たい態度を取ったり、憎まれるようなことを言ったりしなければならないこともあります。ハードな直面化は援助関係の途絶を招くので嫌われ、良好な関係の維持が好まれるご時世になってきたとはいえ、やっぱり直面化が必要な時もありますから。

人に感謝されることがモチベーションだという人は、悪役・嫌われ役・憎まれを引き受けることを、意識的にも無意識的にも避けます。人を助けることには不向きな人としか言いようがありません。

そもそも、支援の現場ばかりでなく、人の集団を目的に向かって動かしていくときには、必ず嫌われ者の役を引き受ける人がその中に必要です。集団のために奉仕しているのに皆に嫌われるのは割に合わない、と考える人は、自分で思っているより利己的な性格をしているわけです。

もちろん、人に嫌われることに何の痛痒も感じない、というのは何らかのパーソナリティ障害じゃないかと思いますし、かつては感じていたけれども今ではもう慣れっこ、というのも困ったものです。やはり、そこには何らかの葛藤が残っているのが健全なんじゃないかと思います。


昨日までの雑記はこちら

様々な依存症をキーワードにニュースサイトを検索。 アルコール依存薬物依存ギャンブル依存摂食障害関連性依存

ニュース検索 (新着) 72時間以内のニュース。

2019/4/20 06:00

10min.ボックス 生活・公共「なぜダメなの?未成年の飲酒」
NHK Eテレ - 4月24日(水) 15:30 - [nhk]
急性アルコール中毒やアルコール依存症と年齢の関係を医学的な解説とともに伝える。また10代で飲酒を始め、現在立ち直ろうとしている人へのインタビューを通して、依存してしまうことの怖さや、
ギャンブル依存症対策 店のATM撤去も
日テレNEWS24 - 4月19日(金) 14:36 - [livedoor]
政府は19日、ギャンブル依存症などへの具体的な対策を盛り込んだ基本計画を閣議決定した。菅官房長官「ギャンブル等依存症により、不幸な状況に陥る
ギャンブル依存症対策、閣議決定 ATM撤去、入場制限
共同通信 - 4月19日(金) 13:07 - [livedoor]
首相官邸で開かれたギャンブル依存症対策推進本部会議=19日午前政府は19日、競馬や競輪などの公営ギャンブルやパチンコの事業者に施設・店舗からの
パチンコ入店、家族申告で制限=ギャンブル依存対策の計画決定−政府
時事通信社 - 4月19日(金) 12:32 - [livedoor]
政府は19日の閣議で、カジノ実現をにらんだギャンブル依存症対策の基本計画を決定した。家族からの申告によるパチンコ店への入店制限や、顔認証シ
「ギャンブル依存症対策」決定 家族の申請で制限も
テレ朝news - 4月19日(金) 10:31 - [livedoor]
政府はギャンブル依存症対策の基本計画を閣議決定しました。家族からの申請があれば本人の同意がなくてもパチンコ店への入店を制限できることなどが
ピエール瀧、「最先端治療でドラッグ抜き」超厳戒の通院撮
NEWSポストセブン - 4月19日(金) 07:00 - [livedoor]
 麻薬取締法違反の罪で起訴された電気グルーヴのピエール瀧被告が、4月12日、都内の医療施設で治療を開始した。【別写真】厳戒態勢の中、病院
束縛がキツい…男が本気で逃げる「重すぎる女」からの脱却法3つ  #12
ananweb - 4月18日(木) 20:40 - [livedoor]
彼のことを愛するあまりについ束縛してしまう。そんなことを言う女性っていますよね。でも束縛って、実は心の愛情不足が関係しています。それどころか
大麻啓発サイトを開設、警察庁 若年層への浸透が深刻化
共同通信 - 4月18日(木) 16:14 - [livedoor]
警察庁が開設した大麻啓発ウェブサイトのトップページ若年層への浸透が深刻化している大麻対策の一環として、警察庁は18日、ホームページに芸能人や
三田佳子次男高橋祐也、妊娠中の元乃木坂妻と音信不通?
NEWSポストセブン - 4月18日(木) 16:00 - [livedoor]
最高気温は24℃を超え、初夏を思わせる沖縄。すでに半袖で過ごす人もいるほどで、ゴールデンウイークを前に観光客も増え始め、沖縄独特の陽気な空気
半生が漫画化された元ヤクザKEI氏、覚せい剤・コカイン体験と更正を語る
映画.com - 4月17日(水) 21:01 - [livedoor]
青年期にヤクザの世界に足を踏み入れ、覚せい剤の密売でFBIのおとり捜査によりアメリカの刑務所で12年間服役、メキシコのギャングの世界に足を踏み
薬物経験ある元ヤクザ2人がトークショー コカイン「本当に効いてるのは20〜30秒」
東スポWeb - 4月17日(水) 18:54 - [livedoor]
ドキュメンタリー映画「HOMIEKEI〜チカーノになった日本人〜」の公開を記念して、映画のモデルで主演のKEI氏(57)と、元暴力団員で
「マツコの知らない世界」を取り上げた「レタスクラブニュース」の元をとる記事に激しくがっかりした理由 - 東龍
BLOGOS - 4月17日(水) 18:40 - [livedoor]
[画像をブログで見る]元をとる記事先日、非常に残念な記事を拝見しました。1度に大量の料理を盛りつけるのはNG!?“食べ放題”で金額の元を取るテクニ
元中毒者がアーティストに警鐘 薬物で「いいものができるわけない」
オリコン - 4月17日(水) 18:32 - [livedoor]
アメリカの刑務所でチカーノと呼ばれるギャングの仲間だったKEI氏、元ヤクザで牧師の進藤龍也氏が17日、都内でドキュメンタリー映画『HOMIE KEI〜チ

72時間以前のニュースはジャンルごとにまとめてあります。 アルコール依存薬物依存ギャンブル依存摂食障害関連性依存