心の家路 たったひとつの冴えないやりかた 

ホーム|アルコール依存症という病気|自助グループのススメ|このサイトの紹介|体験記|個人的見解|ブログ
日々雑記&NEWS |掲示板|道具90|書庫・資料置き場|リンク集|ご意見・お問い合わせ

ホーム > 日々雑記 & ニュース検索

たったひとつの冴えないやりかた
飲まないアルコール中毒者のドライドランクな日常
日々雑記もくじ過去へ

2018年09月19日(水) 嫌われ役を引き受ける

いま僕は埼玉に住んで、東京の職場に通勤しています。長野からこちらに引っ越してきて5年ちかくになりました。こちらに来て、「将来は依存症の人を手助けする仕事をしたい」と言う人たちと出会うようになりました。人には職業選択の自由がありますから、それがその人の意志ならば、周囲がとやかく言う必要はないとは思います。ただ、一般のAAメンバーの立場から見れば、例えば依存症の回復施設での仕事は「たいへんな仕事」であり、給料に魅力があるわけではなく、積極的に選びたい仕事ではない、というのが正直なところではないでしょうか。

依存症者の回復を援助する仕事なんかしたくない、というのが健康な人の考え方でしょう。ですから、あえてその仕事をしたいと思う人は、どこか病んだ部分を抱えている、というのが僕の見方です。援助の仕事をしたければ、なにもその対象を依存症者に限らなくても良いと思うからです。

話は変わって、どんな人が援助職という仕事に向いているか、という質問を受けることがあります。僕にそんなことを聞かれても、的を射た答えができる自信はありません。ただ、周囲を見渡していれば分かることもあります。

例えば、体力はあったほうが良いし、メンタルも強いほうが良い、頭の良さは常にアドバンテージになるし、美人・イケメンは何かとお得だし、育ちの良さは万人ウケします。そうしたところは、他の職業と何ら変わるところはありません。だから、他の職業だと自分は競争に不利だから、援助の仕事ならイケてる自分を実現できるかもしれない・・・などという動機で選ぶと、「こんなはずじゃなかった」という不満の多い職業生活を送ることになるでしょう。

むしろ、自分が狂っていることは十分分かった上で、それでも「ただやりたいからやる」という単純な動機の人のほうが強く、また満足感も強いと思うのです。

逆に、明らかに向いていないタイプも見受けます。それは「悪役になれない人」です。本当に助ける相手のことを思うならば、あえて冷たい態度を取ったり、憎まれるようなことを言ったりしなければならないこともあります。ハードな直面化は援助関係の途絶を招くので嫌われ、良好な関係の維持が好まれるご時世になってきたとはいえ、やっぱり直面化が必要な時もありますから。

人に感謝されることがモチベーションだという人は、悪役・嫌われ役・憎まれを引き受けることを、意識的にも無意識的にも避けます。人を助けることには不向きな人としか言いようがありません。

そもそも、支援の現場ばかりでなく、人の集団を目的に向かって動かしていくときには、必ず嫌われ者の役を引き受ける人がその中に必要です。集団のために奉仕しているのに皆に嫌われるのは割に合わない、と考える人は、自分で思っているより利己的な性格をしているわけです。

もちろん、人に嫌われることに何の痛痒も感じない、というのは何らかのパーソナリティ障害じゃないかと思いますし、かつては感じていたけれども今ではもう慣れっこ、というのも困ったものです。やはり、そこには何らかの葛藤が残っているのが健全なんじゃないかと思います。


昨日までの雑記はこちら

様々な依存症をキーワードにニュースサイトを検索。 アルコール依存薬物依存ギャンブル依存摂食障害関連性依存

ニュース検索 (新着) 72時間以内のニュース。

2018/10/23 15:00

ロシアからやってきた「サウナのプロ」アンドレイが、日本のスーパー銭湯を満喫
fivedoor - 10月23日(火) 18:00 - [livedoor]
「サウナって本当に気持ち良いらしいよ」という噂を耳にするようになったのは去年の春ごろ。そのうち「友人に連れられて行ったらハマった」「週3回は
ついにアメリカの宝くじ賞金が史上最高1800億円に…全財産をつぎ込む人まで登場する
らばQ - 10月23日(火) 12:44 - [livedoor]
アメリカの宝くじ「メガミリオンズ」の運営会社が、ジャックポット(大当たり)賞金額が過去最高額の16億ドル(約1800億円)に跳ね上がったと発表して
「15人の暗殺チーム」を指示した首謀者・ムハンマド皇太子の正体
日刊SPA! - 10月23日(火) 08:53 - [livedoor]
サウジアラビアの反体制ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏が、トルコのサウジ領事館を訪問後に行方不明となっていた問題で、10月20日、サウジ検
便秘の人は死亡率が高い? 便秘薬の選び方と6つのポイント
MYLOHAS - 10月22日(月) 20:00 - [livedoor]
つらい便秘の症状が長く続く「慢性便秘症」。兵庫医科大学 内科学消化管科主任教授の三輪洋人先生は、「日本人の約半数は便秘を病気と思っていないけ
ジョニデ娘の彼氏?ティモシー・シャラメ、ド派手な花柄スーツで登場!
Movie Walker - 10月22日(月) 18:45 - [livedoor]
青春映画『君の名前で僕を呼んで』(17)の主演で昨年度の映画賞レースを席巻した若手俳優、ティモシー・シャラメ。弱冠22歳にしてアカデミー賞主演男優
激痛に苦しむ患者の救いになるか? 薬物乱用の危険性は? 米国で新型オピオイドが認可
Rolling Stone Japan - 10月22日(月) 18:15 - [livedoor]
先週、アメリカ食品医薬品局(FDA)の調査団は賛成10反対3で、オピオイド系鎮痛剤・フェンタニルの10倍も強力な鎮静効果をもつ速効型オピオイド錠剤
オスカー有力!美青年ティモシー・シャラメ新作、日本公開決定
シネマトゥデイ - 10月22日(月) 12:00 - [livedoor]
『君の名前で僕を呼んで』で脚光を浴びたティモシー・シャラメが出演する映画『ビューティフル・ボーイ(原題) / Beautiful Boy』が、来年4月に日
ティモシー・シャラメが薬物依存の青年演じる新作映画、19年4月日本公開!
映画.com - 10月22日(月) 12:00 - [livedoor]
「君の名前で僕を呼んで」で一躍ブレイクを果たした新星ティモシー・シャラメが主演する映画「ビューティフル・ボーイ(原題)」が、2019年4月に日
女優・宮地真緒さん 20代の“暗い酒”を吹っ切り“ハッピーな酒”に
日刊ゲンダイDIGITAL - 10月22日(月) 10:26 - [livedoor]
2002年放送の朝ドラ「まんてん」でヒロインを演じ、一躍人気者に。その後も女優として活躍を続け、昨年11月には14年交際した恋人と入籍して
貧困に悩むモーツァルトとは対照的に、プッチーニが経済的に成功した理由
ライフハッカー[日本版] - 10月22日(月) 06:30 - [livedoor]
偉大な音楽家として知られるアマデウス・モーツァルトは、父親から才能を見出され、幼少期から音楽教育を受けました。神童と呼ばれ、3歳でチェンバロ
「適度な飲酒は健康にいい」とされるが、実際どうなのか? 研究者たちの結論は…
WIRED.jp - 10月21日(日) 19:00 - [livedoor]
「「適度な飲酒は健康にいい」とされるが、実際どうなのか? 研究者たちの結論は…」の写真・リンク付きの記事はこちら英国のイングランド公衆衛生局
恋愛依存症の原因は「ドーパミン」?
All About - 10月21日(日) 12:35 - [livedoor]
恋愛依存症とは……正式な病名ではないが他の依存症との共通点も「恋愛依存症」というものは、正式な精神疾患名ではありません。しかし、アルコール依
安藤和津も公表!芸能界で増えている“介護うつ”との闘い
女性自身 - 10月21日(日) 12:00 - [livedoor]
安藤和津(70)も介護うつにーー。10月18日、都内で著書「“介護後”うつ」の発売を記念した記者会見を開催した安藤。同著では介護疲れやそれ以降の“
婚活界の松岡修造! “考えるな、感じろ”の熱血ガイドで草食系に「婚喝!」
週刊女性PRIME - 10月21日(日) 12:00 - [livedoor]
「今日は頑張ろうねー。婚活は自分に入れるカツ!」【写真】熱血婚活ガイド荒木さんと婚活パーティー in熊本これまで成立させたカップルはなんと1000
こんな意外なものまで? 米億万長者たちの「今年の買い物」
Forbes JAPAN - 10月21日(日) 11:30 - [livedoor]
今年9月、日本のビリオネア、ZOZOの前澤友作(42)がスペースXのイーロン・マスクと共に会見し、「月旅行へ行く」と発表し話題になったが、米長者番付
スマホゲーム依存症の息子がハマった「抜け出せない悪循環」 息子がゲーム依存症になってしまった?
現代ビジネス - 10月21日(日) 11:00 - [livedoor]
「ゲーム依存症」、あるいは「ゲーム障害」とは、日常生活が破綻するほど、持続的、反復的にゲームにのめり込んでしまうことを指す。今年6月18日、WHO
勝谷誠彦氏、コラムを無期限休載 発行人が発表、今月再開も「完全に治ってから復帰させます」
スポニチアネックス - 10月20日(土) 17:29 - [livedoor]
8月21日にアルコール性の劇症肝炎により腹痛を訴えて緊急入院したコラムニストの勝谷誠彦氏(57)が10月1日から再開していた有料配信コラム

72時間以前のニュースはジャンルごとにまとめてあります。 アルコール依存薬物依存ギャンブル依存摂食障害関連性依存