心の家路

早ければ早いほど良い
Not too early, not too late

ホーム|アルコール依存症という病気|自助グループのススメ|このサイトの紹介|体験記|個人的見解|ブログ
日々雑記&NEWS|掲示板|道具90|書庫・資料置き場|リンク集|ご意見・お問い合わせ

ホーム > アルコール依存症について > 早ければ早いほど良い

2004/05/11 

<解決はある>

<早ければ早いほど良い>

フレッドはアルコホーリクの地獄のほんの入り口を体験しただけだ。アルコホーリクの大半は、問題にやっと本気で立ち向かい始める前に、相当痛めつけられている。

(『アルコホーリクス・アノニマス』 第三章・さらにアルコホリズムについて p63・文庫版 p95)

AAワールド・サービス社の許可のもとに再録。

この病気も早期発見・早期治療が大切です。

もしあなたが、酒のことで悩んでいるのなら、医者に行ってみることをお勧めします。依存症は精神の病気でもありますから、最初から精神科・神経科に行くのが早道でしょう。心療内科でも良いでしょう。そして、あなたがどれぐらい酒を飲み、その結果どうなったかを正直に話してみましょう。医者が正しい診断を下すためには、正しい情報が必要です。その点で、私たちの多くは医者に公平なチャンスを与えずに時間を浪費しました。

「アルコール依存症」という病名をもらっても、それだけで終わりにはなりません。それで結局のところ、「あなたはどうしたいのか」自分で決めなくてはいけません。

私は、AAがこの問題の唯一の解決方法だとも思いません。それに、最高の解決方法だとも思いません。日本での歴史は断酒会のほうが古いですし、AAと断酒会以外にも同じようなグループはあります。もし通い続けられるならば、医者や有料の治療施設に通い続けるのも、決して悪いとは言いません。抗酒剤もある程度は助けになってくれるでしょう。

必要なことは、助力を求めることです。その助力があなたの気に入らない方法であったとしても、受け入れたほうが無難なのは間違いありません。あなたはまだ、依存症の地獄のほんの入り口を体験しただけに過ぎないのでしょうから。

AAにいる私たちは、あなたと同じ道を通り、そしてもっと病気が進行して、最後に白旗を揚げて無条件降伏をし、どんな助力でも受け入れる気にやっとなれたのです。できるならその日は、一日でも早いほうが良いのです。飲んでいる間に、大切なものはどんどん失われていくのですから。

<あなたにしか決められない>