心の家路

アルコール依存症という病気 (目次)
Alcoholism

ホーム| アルコール依存症という病気 |自助グループのススメ|このサイトの紹介|体験記|個人的見解|ブログ
日々雑記&NEWS|掲示板|道具90|書庫・資料置き場|リンク集|ご意見・お問い合わせ

ホーム > アルコール依存症という病気

2005/12/06 

<アルコール依存症という病気> (目次)

アルコール依存症(alcoholism)とはどんな病気なのでしょうか?

それを語るために僕が持っている「資格」といえば、その病気の患者であることしかありません。ここにはただ僕の説明を並べるだけより、もっと信頼できる何かが必要だと思いました。

そこで、『アルコホーリクス・アノニマス』注1)という本から文章を引用することにしました。この本は1939年に初版が発行されて以来、世界中で多くのアルコール依存症患者の回復を手助けしてきました。ここでは、この本からの引用に僕なりの解釈を加えることで、アルコール依存症とはどんな病気なのか、説明をしてみたいと思います。

重要な注) 以下のページに引用した、『アルコホーリクス・アノニマス』 および 『こちらAA〜初めての人の疑問〜』の文章は、(日本語版を含めて)ニューヨークのAAワールド・サービス社(Alcoholics Anonymous World Services, Inc..以下AAWS)が著作権を保有しています。この文章への引用は、AAWS社または日本のAAのサービス機関が、この文章に対して支持や保証を与えていることを意味しません。これはあくまで僕の個人的な見解であり、AA全体を代表した意見でも、一部を代表した意見でもありません。


  1. <アルコール依存症は、飲酒のコントロールを失う病気>
    飲み始めたら止まらない病気。
  2. <失ったコントロールは取り戻せない>
    治らない病気。
  3. <進行性で死に至る病気>
    次第に悪くなっていく病気。
  4. <アルコール依存症は身体の病気>
    次の一杯を飲みたいという体の衝動。
  5. <唯一の解決法。それは断酒>
    最初の一杯に手をつけなければ、飲みすぎることは決してありません。
  6. <断酒ができない精神の病気>
    自分の意思の力で止められるという幻想。
  7. <否認の病気>
    自分はそんな病気ではないという逃避。
  8. <解決はある>
    一方で多くの人たちが助かっている事実。
  9. <早ければ早いほど良い>
    早すぎるということもなければ、遅すぎるということもありません。
  10. <あなたにしか決められない>
    毎日の選択。決められるのはあなただけ。

あまり重要でない注) 日本語の『アルコホーリクス・アノニマス』のページ割り付けには3種類があります。@1977年の初版のページ番号・A2000年の翻訳改訂版のページ番号・B2002年の「個人の物語付き」のページ番号です。この一群のページを最初に作成した時には、文庫版についてはAが、ポケット版・ハードカバー版についてはBが頒布されていました。
2005年に文庫版がBに改訂され、すべての版型のページ数がそろうことになりました。そこで、このサイトの改訂をするにあたり、引用のページ番号もBに統一することにしました。AとBは32ページずれていますので、参照するに当たってAの版をお持ちの方はページ数に32を足してください

文中の「アルコホリズム」(alcoholism)という言葉は、アルコール中毒症・アルコール依存症・アルコール症などという日本語にあたります。「アルコホーリク」(alcoholic)という言葉は、アルコール中毒者・アルコール依存症者・アルコール症者という意味になります。日本語では決まった訳語がないため、AAではカタカナのまま利用しています。

このページが、少しでも依存症に対する理解の助けになれば幸いです。

ご意見やお問い合わせはこちらまで。

<アルコール依存症は、飲酒のコントロールを失う病気>


注1) Alcoholics Anonymous を日本語に直すとするならば「無名のアルコホーリクたち」でしょうか。しかし日本語に訳さずにカタカナのまま『アルコホーリクス・アノニマス』という書名のまま出版されています。この本の名前がアルコホーリクス・アノニマス(AA)という共同体の名前にもなっています。
AAではこの本は、共同体の名前と区別するために「ビッグ・ブック」(The Big Book)という愛称で呼ばれます。これは最初に印刷したときに、安い厚い紙を使ったせいで、「分厚い本(big book)」ができあがったことに由来しています。