心の家路

本当のところ自助グループは役に立つのか
Are self-help groups really helpful?

ホーム|アルコール依存症という病気|自助グループのススメ|このサイトの紹介|体験記|個人的見解|ブログ
日々雑記&NEWS|掲示板|道具90|書庫・資料置き場|リンク集|ご意見・お問い合わせ

ホーム > 自助グループのススメ > 本当のところ自助グループは役に立つのか

2004/05/11 

<自助グループとはそれほど素晴らしい場所なのか>

<本当のところ自助グループは役に立つのか>

本当のところ自助グループは役に立つのでしょうか?

答えはたぶんイエス

としか言いようがありません。

医者にも通わず、抗酒剤も飲まず、自助グループとも無関係で、一生を無事に終える人の数もゼロではないでしょう。運がよければ、医者が自助グループの代わりの役割を果たしてくれることもあるでしょう。だから、自助グループに通わなければ、絶対に成功しない、とは言い切れないのです。
しかし、経験の深い精神科医ならば、自助グループに通う人と、通わない人では、成功率に大きな差があることは知っているでしょう。

「自助グループに通っていても、酒が止められてない人もいるじゃないか」と言われるかもしれません。それは事実です。しかし、だからこそ自助グループの意味があるのです。前にも書いたように、成功した体験と失敗した体験の両方が欠かせないのです。
もし自助グループが、酒を止められた人しか入れない団体だったとしたら、それは回復には役に立たない集まりになってしまうと思います。

思い出して欲しいのは、病院も、薬も、自助グループも、所詮は回復のための道具に過ぎないということです。どの道具を選んで使っていくかは、自分で決めるしかありません。けれども、アルコール依存症者が人生という道を歩いていくのに、何かの杖は欠かせないものです。私たちは、アルコールを正常に飲む能力をなくしてしまったという意味では、ある種の障害者と言えるかもしれません。障害を持った人が、普通の人に混じって暮らしていくには、何らかの助けがいるものではないでしょうか。

アルコール依存症は、進行性で死に至る病です。「近くにある自助グループは、自分の理想とするものとかけ離れているんだ」とぶつぶつ文句を言って遠回りをしている間に、人生の時計はどんどん進んでいってしまいます。病気の時計もどんどん進んでいってしまいます。

もしあなたが、アルコールのことで悩んでいるのなら、一日でも早く自助グループという杖を手にして、歩き始めることを願うばかりです。

AA(アルコホーリクス・アノニマス)は、アルコール依存症の本人のための自助グループです。最寄のミーティング会場は、AAのオフィスへお問い合わせください。AA日本ゼネラルサービスオフィス(JSO)という事務所のアドレスがリンク集に収めてあります。

身近な人(主に家族)にアルコール依存症者がいるという人のためには、アラノンという自助グループがあります。

また、家族単位で参加する自助グループとしては断酒会があります。また、AKKという団体は、アルコールに限らず依存症全般を扱う自助グループです。

いずれもリンク集にアドレスを収めてあります。断酒会は身元を明らかにして実名で参加するのが基本になっています。それ以外の、AA・アラノン・AKKなどは、身元を明らかにすることもしないことも自由になっています。

<おまけ>