心の家路
付記

(やりたかったわけじゃないけれど)

ホーム | 更新履歴 | このサイトの紹介 | 個人の体験記 | 個人的見解(Q&A)
日々雑記&NEWS | 掲示板 | 書庫・資料置き場 | リンク集 | ご意見・お問い合わせ

ホーム > 個人の体験記 > やりたかったわけじゃないけれど(付記)

 

ミーティングが継続していく上で、大切なことは 「会場施設に迷惑をかけないこと」 だと思います。

自助グループとは関係ない一件ですが、利用後にテーブルの位置を戻しておかなかったり、汚した部屋を掃除してなかったり、ゴミを持ち帰らなかったり、という事態が重なって、施設側から利用を断られた団体がありました。
また、会場の駐車場が満杯だったんで、ついつい路上駐車してしまい、近隣の住民から施設に苦情が寄せられたこともありました。

あと、会場を借りる上で 「無名」 というのは無理な話です。 社会の中でも AA のニックネームで押し通すのは、回復とは反対方向への行為です。 チェアマンの住所・氏名・電話番号は、施設側にきちんと伝達しておきましょう。 「会場施設へのお問い合わせはご遠慮ください」 と案内に書いても、やっぱり会場へ問い合わせる人もいるので、そんなときにも連絡先は大切です。

教会の場合、信徒の方の結婚式に使われる場合があります。 まあ、結婚式のほうは事前に日程が決まっているので対処可能ですが、お葬式の場合には 「突発的に」 会場が使えなくなる場合があります。

公共施設を借りる際には、「どんな主旨の団体なのか?」 と尋ねられるでしょう。 そんな場合に一番手っ取り早い説明方法は 「断酒会と同じ主旨です」 だそうです。


追記: (2001-11-20)
JSO にグループ登録をして、しばらくしたら JSO から小包が届いていました。 中には AA の公式なパンフレット類が一部ずつと、様々なガイドラインのリーフレットが入っていました。 それに目を通して、 AA 全体のことが少し見えてきた気がします。
グループの所有物として、なるべく仲間に貸し出したりしてたんですが、貸すと返ってこない確率が高いのは、何もAAのパンフレットに限った話じゃありません(笑)。

でも、とっても助かりました。