心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


lexicon:blood_alcohol_level

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

lexicon:blood_alcohol_level [2015/09/29 00:29] (現在)
ragi 作成
ライン 1: ライン 1:
 +=====血中アルコール濃度=====
  
 +<​blockquote>​
 +**blood alcohol level (BAL) (Y90, Y91)** --- **血中アルコール濃度(BAL) (Y90, Y91)**
 +
 +The concentration of **alcohol** (ethanol) present in blood. It is usually expressed as mass per unit volume, but different countries may express it differently or use different units; examples include milligrams per 100 millilitres (mg/100 ml or, incorrectly,​ mg percent), milligrams per litre (mg/l), grams per 100 millilitres (g/100 ml), grams percent, and millimoles per litre. A concentration of 8 parts per thousand would be expressed in legal terminology in USA as .08%, in Scandinavia as 0.8 promille, and in Canada and elsewhere as 80 mg/100 ml. National differences also exist in the BAL set as the legal limit for driving under "per se" laws (//see// **drinking-driving**),​ with most limits in the range 50-100 mg/100 ml.
 +
 +The BAL is often extrapolated from measurements made on breath or urine or other biological fluids in which the alcohol concentration bears a known relationship to that in the blood. The Widmark calculation is a technique for estimating BAL at a given time after alcohol ingestion by extra polating from BALs at known times and assuming a fixed rate of alcohol elimination (zero order kinetics). In some jurisdictions this is considered a dubious assumption, and estimates of BALs at previous points in time are not accepted.
 +----
 +血中に存在する**[[alcohol]]**(エタノール)の濃度。通常は単位当たりの重量で示されるが、国によって表記方法や単位が異なっている。例を挙げると、100ミリリットルあたりのミリグラム数(mg/​100 ml、mg %は誤記)、リットル当たりのミリグラム数(mg/​l)、100ミリリットルあたりのグラム数(g/​100 ml)、グラムパーセント、リットル当たりのミリモル数。1,​000分の8の濃度は、アメリカの法律用語では.08%、スカンジナビア諸国では0.8プロミル、カナダその他の国では80mg/​100 mlと表記される。法律そのものが許容する運転時のBALの法的上限にも、国ごとに違いがある(//​参照//​ **[[drinking-driving]]**)が、ほとんどの国では50~100mg/​100 mlの間である。
 +
 +呼気、尿その他の体液などのアルコール濃度は血中の濃度との関係性が知られており、しばしばその濃度がBALの推定に用いられる。ウィドマーク推定式は、アルコール摂取後指定の時間が経過した後のBALを、既知の時間のBALから推定する技法で、アルコールの排泄量が一定であること(ゼロ次反応速度論)を前提としている。いくつかの裁判管区においては、これは疑わしい前提とみなされており、推定された過去の時点でのBALは採用されない。
 +<​cite>​
 +WHO (1994)//​((WHO (1994), //Lexicon of alcohol and drug terms//. Geneva: World Health Organization ->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]]// (WHO) )), pp.20-21\\
 +->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]] (WHO)
 +</​cite>​
 +</​blockquote>​
 +
 +<​note>​
 +Y90 血中アルコール濃度によるアルコールの関与の証明\\
 +Evidence of alcohol involvement determined by blood alcohol level\\
 +
 +Y91 中毒の程度によるアルコールの関与の証明\\
 +Evidence of alcohol involvement determined by level of intoxication\\
 +</​note>​
lexicon/blood_alcohol_level.txt · 最終更新: 2015/09/29 00:29 by ragi