心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


lexicon:inebriety

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lexicon:inebriety [2014/08/10 12:32]
ragi
lexicon:inebriety [2014/08/10 12:34] (現在)
ragi
ライン 1: ライン 1:
 +=====飲酒癖=====
 +
 +<​blockquote>​
 +**inebriety** --- **飲酒癖**
 +
 +The state of being intoxicated. The term usually implies a habitual pattern of drunkenness,​ and was sometimes used where "​**alcoholism**"​ or "​**alcohol dependence**"​ would now be used, implying a disease condition. Together with **inebriate** (a person displaying inebriety), inebriety was standard terminology in the late 19th century for habitual intoxication,​ and remained in use until the 1940s. The concept remains current in a legal context, as in the terms "​chronic inebriate"​ or "​public inebriate",​ equivalent to (chronic) drunkenness offender, a person (recurrently) convicted of the crime of being drunk in a public place.
 +----
 +酩酊した状態。この用語は大量飲酒(drunkeness)の習慣的パターンを意味し、病気の状態という意味を含みつつ、現在における「**[[alcoholism]]**」や「**[[alcohol dependence]]**」を指して使われた。inebrietyは、**inebriate**(大酒飲み、酩酊癖のある人)という言葉とともに、19世紀後半においては習慣的**[[intoxication]]**を指す標準的な用語であって、1940年代まで使われた。この概念は現在も法律の分野に残っている。「慢性飲酒癖(chronic inebriate)」あるいは「公共飲酒癖(public inebriate)」とは、常習的酩酊犯罪者、公共の場所で酩酊した犯罪で繰り返し有罪判決を受けた人を指している。
 +
 +----
 +**inebriate** ---\\
 +//See// inebriety.\\
 +inebriety([[lexicon::​inebriety]])を参照。
 +<​cite>​
 +WHO (1994)//​((WHO (1994), //Lexicon of alcohol and drug terms//. Geneva: World Health Organization ->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]]// (WHO) )), p.42\\
 +->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]] (WHO)
 +</​cite>​
 +</​blockquote>​
  
lexicon/inebriety.txt · 最終更新: 2014/08/10 12:34 by ragi