ビル・Wに問う (33) AAの成功率は?

『ビル・Wに問う』の第33回です。


Q33:アルコホーリクス・アノニマスの成功率は?

A33:心から酒をやめたいと願った人たちのおよそ50%はすぐに酒をやめられました。25%は何度か再飲酒した後にやめ、残りのほとんどにも改善が見られました。(1944年、ニューヨーク州医学ジャーナル第44巻)


別の答

A33:1949年現在の私たちの量的な成果はこのようなものだ。アルコホーリクス・アノニマスという団体は、誕生してから14年が経過し、メンバー数は8万人に、グループ数は約3千となった。およそ30の外国あるいは合衆国統治領に進出した。(文献の)翻訳も進んでいる。(メンバーの)職業はアメリカ全体の正確な縮図となっている。(メンバーの)所属している宗教については、約40%がカトリック、名目上のおよび活動的なプロテスタントである。またかつては多くが無神論者だった。そして残りのなかにはわずかながらユダヤ教徒も含まれている。10~15%が女性である。わずかながら黒人も特段の困難なく回復しつつある。ほぼあらゆる一流の医学者、宗教者からの支持が得られている。AAのメンバー数はピラミッド型をしており、チェーンストア的に年に30%の率で増加している。1949年の1年間で少なく見積もっても2万人が永続的に回復したと予想される。その半数は中等症あるいは軽症だろうと思われ、平均年齢は36才となっている。これが昨今の展開である。

私たちの元に留まって真剣に取り組んだアルコホーリクのうち50%はすぐに酒をやめてその後もやめ続け、25%は何回か再飲酒をした後に酒をやめ、残りにもいくらかの改善が見られた。しかし、多くの問題飲酒者、おそらく5人中3人から4人が、短い接触の後にAAをやめていった。その中には精神病質やダメージが大きすぎる者たちもいた。ではあるが、大多数は強力な自己正当化を抱えており、それはやがて打ち破られることになる。実際のところ、その打破は最初の接触においてAAが「良い接触」と呼ぶものによってもたらされる。アルコールという業火に焼かれ、彼らはたいてい数年以内に私たちの元に戻ってくる。彼らは、戻ってこざるを得なかった(それがAAへなのか、他へなのかはともかく)と語っている。そうしたケースによって、私たちと最初の接触した人たちの半分は、最終的には戻ってきて、そのほとんどが回復する、という好感の持てる印象を与えてくれる。(アメリカ精神医学ジャーナル、106巻、1949年)。


別の答

A33:毎月約2千人が回復しています。もちろんそうしたアルコホーリクたちは、良くなりたいと強く望んでおり、私たちのプログラムをやってみるだけの情緒的な能力がある人たちです。50%がすぐに回復し、25%が何度か後戻りした後に回復します。残りの人たちも、AAへの参加を続けている限り改善していきます。最初の接触では、私たちのところに来た人全体のなかで、AAメンバーになるのはおそらく25%に過ぎないでしょう。現在のところ私たちの初期の失敗75例のうち、70例が1年後から10年後までにAAに戻ってきていることが明らかになっています。私たちが連れ戻したのではありません。彼らは自発的に戻ってきたのです。(ニューヨーク州医学ジャーナル第50巻、1950年)


別の答

A33:私たちの人数が増えるにつれて、有効性も増していきました。回復率は向上しました。AAに真剣に取り組んだ人の50%はすぐに酒がやめられ、25%が最終的には酒をやめました。残りの人たちも、AAに留まっている限り、確かに改善が見られました。私たちの高い回復率はその後も保たれており、それは『アルコホーリクス・アノニマス』の初版に体験記を載せた人たちについても言えます。彼らの75%は最終的に断酒を成し遂げており、死あるいは狂気に至ったのは25%に過ぎません。現在も存命の人たちの断酒期間は平均して20年になります。

AAの初期から今まで、たいへん多くのアルコホーリクが私たちのところにやってきて、そして去って行きました――おそらく今日では5人中3人がそうでしょう。しかし幸いにも、彼らの大多数はやがて戻ってくることが分かりました。ひどく精神病質であったり、脳にダメージがなければですが。死をもたらしうる病気に取り憑かれていることを、他のアルコホーリクの口から一度聞かされると、その後の飲酒が彼らを行き詰まらせるのです。結局彼らはAAに戻って来ざるを得ません。そうするか、死ぬしかないのですから。これは時には最初の接触から何年か後になります。ですから、AAにおける最終的な回復率は、当初考えられたよりすっと高いのです。

しかしながら、私たちは、アルコホーリクス・アノニマスがこれまでのところ成し遂げたのは、アルコホリズムの問題全体のほんの表面をかすったに過ぎないことも考えねばなりません。私たちは合衆国の中に450万人いるというアルコホーリクのうち、わずか5パーセントが酒をやめる手助けをしただけなのです(ニューヨーク市アルコホリズム医学会、1958年)


別の答

A33:AAメンバーである私たちは、過去30年間にこの共同体(AA)に近づいたものの、留まらなかった60万人がその後どうなったのか、真面目に考えてみるべきです。いかに多く、いかに頻繁に、私たちが彼らを助けることができなかったか。AAが存在したこの20年間に、私たちの手が届いたのは、AAに接したいと願うだろう人たち全体の1割にもならないことを思い起こせば、私たちの使命の広大さと、常に突きつけられる責任が分ろうというものです。(1958年、ゼネラル・サービス評議会)。


別の答

A33:私は、AAがあったこの時代、この25年間、世界のアルコホーリクが行列をして私たちの前を通り過ぎ、断崖から落ちていったという事実に気づきました。私が慎重に手に入れた統計によれば、おそらく世界的に見れば、そのような人たちがおよそ2,500万人いるでしょう。過去25年の間に、絶望と、病と、不幸と、死の流れの中から、私たちが救い出せたのは100人に1人にすぎません。私たちはより多く、より良く救い出せるようになりつつあると思います。

私たちの人数は注目に値します。私たちは大きくなりました。数は大きな安全を与えてくれます。最初の二、三年間、私たちは酒を飲まずにいられるのか、誰も確信が持てずにいました。私たちはまるで、エディー・リッケンバッカーの救命筏の人々のようでした。おい、この筏をちょっとでも揺する奴がいたら、ブチのめして、外に放り出してやるからな。しかし、今ではまったく別の話になりました。人数の増加が大きな安全をもたらしたのと同時に、それなりのマイナス作用も出てきています。一つの仕事をより多くの人がやるようになると、仕事をする人が減ってしまうのです。言い換えれば、みんなの仕事は誰の仕事でもないということです。何が進行しているのかもっと意識するようにしなければ、人数の増加は自己満足をもたらすのみです(1960年ゼネラル・サービス評議会の録音より)。

現在のAAの回復率については、アーサー・Sらによる「アルコホーリクス・アノニマス(AA)の回復率 ~現代における神話と誤解~」を参照されたい。