心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


lexicon:alcohol-sensitizing_drug

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

lexicon:alcohol-sensitizing_drug [2019/05/18 02:45] (現在)
ragi 作成
ライン 1: ライン 1:
 +=====アルコール感作薬=====
  
 +<​blockquote>​
 +**alcohol-sensitizing drug** --- **アルコール感作薬**
 +
 +A therapeutic agent prescribed to assist maintenance of abstinence from **alcohol** by producing unpleasant side-effects if alcohol is taken. Compounds currently in use inhibit aldehyde dehydrogenase,​ the enzyme that catalyses oxidation of **acetaldehyde**. The consequent accumulation of acetaldehyde causes a syndrome of facial flushing, nausea and vomiting, palpitations,​ and dizziness. Examples of alcohol-sensitizing drugs include **disulfiram** (Antabuse) and calcium carbamide.
 +----
 +**[[alcohol]]**を摂取すると不快な副作用が生じることで、断酒の維持を補助するために処方される治療薬。現在用いられている化合物は、**[[acetaldehyde]]**の酸化を触媒する酵素であるアルデヒドデヒドロゲナーゼの活動を阻害する。結果、アセトアルデヒドの蓄積によって、赤面、吐き気、嘔吐、動悸、目まいといった症候を引き起こす。アルコール感作薬の例としては、**[[disulfiram]]**(アンタビュース)、炭化カルシウムが挙げられる。
 +<​cite>​
 +WHO (1994)//​((WHO (1994), //Lexicon of alcohol and drug terms//. Geneva: World Health Organization ->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]]// (WHO) )), p.14\\
 +->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]] (WHO)
 +</​cite>​
 +</​blockquote>​
 +
 +訳注:炭化カルシウムはシアナミドの原料である。
lexicon/alcohol-sensitizing_drug.txt · 最終更新: 2019/05/18 02:45 by ragi