心の家路

依存症と回復についてのスタディノート

ユーザ用ツール

サイト用ツール


lexicon:habituation

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
lexicon:habituation [2014/07/10 19:06]
ragi
lexicon:habituation [2014/08/10 15:30] (現在)
ragi
ライン 1: ライン 1:
 +=====習慣=====
  
 +<​blockquote>​
 +**habituation** --- **習慣**
 +
 +Becoming accustomed to any behaviour or condition, including **psychoactive substance** use. In the context of drugs, the term has overtones of **dependence**. In 1957, a WHO Expert Committee distinguished drug habituation from drug addiction on the basis of the absence of physical dependence, desire rather than compulsion to take the drug, and little or no tendency to increase the dose (see tolerance).<​sup>​1</​sup>​ In 1964 another WHO Expert Committee replaced both terms with drug dependence.<​sup>​2</​sup>​
 +
 +----
 +
 +何らかの行動もしくは状態に慣れること。**精神作用物質**の使用を含む。薬物に対して用いられる場合、この用語は**[[dependence]]**の意味を含む。1957年、WHOの専門家委員会は、精神依存がないこと、薬物摂取への欲求が強迫性に至っていないこと、服用量の増加傾向が見られないことを基準として、薬物習慣(drug habituation)を薬物嗜癖(drug addiction)を区別した<​sup>​1</​sup>​。1964年には、別のWHO専門家委員会が、この二つの用語を薬物依存(drug dependence)で置き換えた<​sup>​2</​sup>​。
 +
 +----
 +
 +1 //Expert Committee on Addiction-Producing Drugs. Seventh report of The Expert Committee.//​ Geneva, World Health Organization,​ 1957 (WHO Technical Report Series, No.116).
 +
 +2 //WHO Expert Committee on Addiction-Producing Drugs. Thirteenth report of the WHO Expert Committee.//​ Geneva, World Health Organization. 1964 (WHO Technical Report Series, No.273).
 +<​cite>​
 +WHO (1994)//​((WHO (1994), //Lexicon of alcohol and drug terms//. Geneva: World Health Organization ->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]]// (WHO) )), p.38\\
 +->//​[[http://​www.who.int/​substance_abuse/​terminology/​who_ladt/​en/​|Lexicon of alcohol and drug terms]] (WHO)
 +</​cite>​
 +</​blockquote>​
 +
 +=====参照=====
 +
 +参照されたWHOのドキュメント類。
 +
 +====専門家委員会報告書(1957年)====
 +
 +上の項目の参考文献であるWHO専門家委員会(Expert Committee on Addiction-Producing Drugs)による報告書では、薬物習慣の定義を行うことで、嗜癖と習慣を明確に区別しようとしている。 ​
 +
 +{{page>​part:​who_trs_116&​nofooter}}
 +
 +====専門家委員会報告書(1964年)====
 +
 +1964年WHOの専門家委員会(Expert Committee on Addiction-Producing Drugs)は嗜癖や習慣のかわりに依存(dependence)を使うことを勧告した。
 +
 +{{page>​part:​who_trs_273&​nofooter}}
lexicon/habituation.txt · 最終更新: 2014/08/10 15:30 by ragi