心の家路

依存症と回復、12ステップのスタディ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


recovery:letsaskbillw:15

黎明期のAAの友人たち

15Q - (Remembering AA's Early Friends) Bill never tired of telling the story of A.A.s' beginning and giving thanks for our many early friends. This is how he told it to the General Service Conference in 1952.

Q15:(黎明期のAAの友人たちを思い起こして)ビルはAAの始まりと初期のAAを支えてくれた多くの友人たちについて常に語っていた。これは、1952年のゼネラル・サービス評議会で彼が語った内容である。

15A - “You share with me, I know, the thought that the closing hours of this conference bring with them a deep and joyous realization. The realization that at last we are surely on the high road that stretches straight out toward our future, toward, we trust, an everlasting sunrise. We face the sunrise in high hope, with a confidence that is almost awesome and with our hearts full of unspeakable gratitude.

A15:この評議会の閉会にあたり、皆さんが分かち合って下さったことが、私に深い喜びに満ちた認識をもたらしました。それは、私たちは未来へとまっすぐ伸びるハイウェイにようやく乗ることができた、という認識です。その未来は、きっと永遠に続く日の出へつながっているのでしょう。私たちは大きな期待と、信頼と、ほとんど畏敬と言って良い気持ちで、その日の出を見ています。心のなかは言葉にできない感謝が溢れています。

Gratitude to the Father of lights, Who has delivered us out of our bondage, gratitude to friends through whose hearts he has enabled this miracle to be worked, and gratitude for each other.

その感謝は、私たちを呪縛から解き放ってくれた光の父に対してであり、それがあってこそ父の奇跡が実現できた友人たちの愛に対してであり、また私たちお互いに対してのものです。

This too is an hour that will ever stir memory. With me, perhaps more than most, the wellsprings of memory are at flood tide. I think of a psychiatrist at Zurich, Switzerland, who had a patient, an American businessman, treated him a year.

その思い出を呼び起こすだけで一時間は過ぎてしまうでしょう。いまの私の記憶の泉は、かつて無いほどに満ちています。私が考えるのは、スイスのチューリッヒの精神科医が、あるアメリカの実業家の患者を1年間治療したことです。

The patient thought greatly of his psychiatrist, none other than the famous Dr. Jung. The patient thought he was well, but leaving the doctor, he soon found himself drunk. So he returned to Dr. Jung, who yet unknowing to this day, is one of the founders of this society. And he said to this patient, “Unless you have a spiritual experience, there is nothing that can be done. You are too much conditioned by alcoholism to be saved in any other way.”

その患者はその高名な精神科医、他ならぬユング医師のことを尊敬していました。その患者は自分が良くなったと思って、医師の元を離れましたが、すぐに飲んだくれてしまいました。そこで彼はユング医師——この医師もAAの創始者であることは未だに知られていませんが——の元に戻りました。すると医師はこの患者にこう言いました。「君は霊的体験をするしかない。君のようにアルコホリズムが進行した状態を救う手段はその他にはない」。

Our friend thought it was a hard sentence, but like many of us since, he began to seek such an experience. He found it in the confines of the Oxford Group, an evangelical movement of that time. He sobered at once. There he found the grace to achieve it. It was then called to his attention that a friend of his was about to be committed for alcoholism to an asylum in Vermont. Together with some other “Groupers,” he interceded. The result was our beloved Ebby, who first brought the essentials of recovery to me. Meanwhile, there was a little Jesuit, Ed Dowling, laboring among his flock, lame and relatively obscure, he too, was to light a candle for A.A.

それは患者にとって厳しい宣告でしたが、しかし彼は、その後の私たちの多くと同じように、霊的体験を求め始めました。彼は、オックスフォード・グループという当時の福音伝道活動のなかで霊的な体験をし、そのおかげで酒をやめることができました。彼はそれが神の恩寵によるものだと捉えました。彼の関心は、バーモント州でアルコホリズムによって精神病院に収容されそうになっていた彼の友人に向けられました。オックスフォード・グループの他のメンバーと一緒に、その執行を猶予するように嘆願しました。その結果、我らの愛すべきエビーが、私に回復の本質的要素をもたらしてくれたのです。他にも、イエズス会のエド・ダウリング神父がいました。信徒達に交わって働き、平凡で無名な彼も、AAというろうそくに火を灯してくれた人であります。

There was a nun, Sister Ignatia, in Akron who was to become the companion of Dr. Bob, who as you know, was the prince of our Twelfth Steppers. She, too, was to light a candle for us.

そして、アクロンの修道女シスター・イグナチア、皆さんもご存じの通り「12番目のステップの第一人者」であるドクター・ボブと一緒に働いた人ですが、彼女もAAというろうそくに火を灯してくれた人であります。

Even Francis of Assisi holding for the principle of corporate poverty, had lit a candle for A.A. So had William James, the father of modern psychology, whose book, “The Varieties of Religious Experience,” had such a profound influence upon us. He had lit a candle for Alcoholics Anonymous.

さらに、非所有[清貧]の原理を保ったアッシジのフランシスコも、AAというろうそくに火を灯してくれた人であります。また、現代心理学の父であり、『宗教的経験の諸相』の著者であるウィリアム・ジェイムズも私たちに深い影響を与えました。彼もまた、AAというろうそくに火を灯してくれた人であります。

Then, too, there were to be couriers to all the world. Harry Emerson Fosdick, Fulton Oursler of Liberty, Jack Alexander and the owner of Saturday Evening Post. They were to become couriers. They, too, were to light candles for Alcoholics Anonymous.

そして、[AAを]世界に広く運び伝えてくれた人たちがいました。ハリー・エマーソン・フォスディック、『リバティ』誌のフルトン・アワズラー、『サタディ・イブニング・ポスト』紙のジャック・アレキサンダーとオーナー。彼らがクーリエ[案内人]となりました。ですから、彼らもAAというろうそくに火を灯してくれた人たちであります。

But back there in the summer of 1934, the alcoholics of the world felt as hopeless as ever. And yet, as you see, a table was being prepared in the presence of our ancient enemy, John Barleycorn. Candles were already upon it, and meat and drink was there, but the guests had not arrived.

ですが、1934年の夏に戻ってみると、世界中のアルコホーリクはそれまでと同じように絶望を感じていました。ですが、皆さんもご存じのように、私たちの古くからの敵、ジョン・バーリコーンの目の前に、テーブルが用意されました。テーブルの上にはろうそくが灯され、食事と飲み物が用意されましたが、まだゲストは到着していませんでした。

Then came some guests and they partook of the spark that was to become Alcoholics Anonymous was struck. Then ensued our period of flying blind, at the end of which, about 1937 or 1938, we realized that, indeed, a table had been prepared in the presence of our enemy. And that the candles upon that table might one day shine around the world and touch every distant beachhead.

やがてゲストたちがやってきて、後にアルコホーリクス・アノニマスへと発展することになるひらめきを分かち合いました。それに続いて、私たちには盲目的飛行の時代が訪れ、1937年か38年にその時代が終わるころには、私たちは、敵の目の前で、テーブルの準備を整え終えたことを認識しました。いつか、そのテーブルの上のキャンドルが世界中に向かって輝き、どんな遠い橋頭堡にも届くことになるはずでした。

There were more years of travail in that pioneering time which ended in 1941 with the advent of the Post article. Meanwhile, our book of experience had appeared. No longer need we travel in person. The message could be taken through those printed pages to distant ones who suffered.

草分けの時期の苦労は何年も続きましたが、それも1941年の『ポスト』の記事の出現で終わりを告げました。それまでの間に、私たちの経験を書き綴った本が登場していました。人から人へと口伝する必要はもう無くなっていました。印刷された本のページを通して、遠く離れて苦しんでいる人たちにもメッセージを伝えることができるようになりました。

Our recovery program was really complete. Then came the test whether our growing groups could live and work together, whether the enormous explosive quality of our fellowship would find in our principles of recovery a sufficient containing element. Soon we came to realize little by little that we of Alcoholics Anonymous must hang together or indeed we should hang separately.

私たちの回復のプログラムはすっかり完成しました。次には、増え続ける私たちのグループが生き残り協力し合っていけるかどうか、私たちの回復の原理に、この共同体が抱えるすぐに爆発しやすい気性を扱えるだけの要素が含まれているのか、試されることになりました。徐々に、私たちアルコホーリクス・アノニマスは、結束できなければバラバラになってしまうことを実感するようになっていきました。

And in that sometimes frightening experience, the Tradition of Alcoholics Anonymous was forged. And at Cleveland, in 1950, it was confirmed by our fellowship as the traditional platform upon which our society intended to stand.

そして、時にはゾッとするような経験を得て、「アルコホーリクス・アノニマスの伝統」が少しずつ構築されていき、やがてそれは、1950年クリーブランドにて、私たちの共同体が立脚すべき伝統的プラットフォームとして共同体全体により承認されました。

No body of law was this Tradition. A set of principles infused with the spirit of our 12 steps of recovery and enshrined in the heart of each of us - that would be our protection, we thought, from any blows with which the outside world would assail us, our protection from any temptations to which we might be subjected within.

この「伝統」は法規[ルール]ではありません。私たち一人ひとりの心の中に刻み込まれた回復の12ステップの精魂を注ぎ込まれた一連の原理であり、外の世界からもたらされるいかなる攻撃からも、内にあるいかなる誘惑からも、私たちを守ってくれるものと考えられています。

Such was the Tradition of Alcoholics Anonymous.

アルコホーリクス・アノニマスの「伝統」とはそのようなものです。

In this period of infancy and in adolescence this Society discovered that it had to function. This Conference culminates that long process of discovery through which we have learned how we can best act to carry this message to those who suffer. Yes, the advent of this conference in full strength will mark a great day in the annals of Alcoholics Anonymous.

この幼年期と青年期のあいだに、私たちの集まりがどのように機能すべきかが見いだされました。苦しんでいる人たちにこのメッセージを運ぶには、どのようにするのが最善なのかを学んだ長いプロセスもこの評議会によって完結します。そうです、この評議会の出来(しゅつらい)は、アルコホーリクス・アノニマスの年代記に偉大な日として記録されるでしょう。

For me, it marks a time when I must shift from activity to reflection and meditation and to the task of acting as your scribbler, to record the experience of these marvelous years just past. I realize that I shall be but a reflector, a scribbler only. I hope the task will be completed, useful and pleasing to you – and pleasing to God.

それは私にとって、活動の内容を省察と黙想に、また三文文士して、過ぎ去った奇跡的な日々の経験を記録することに移していくタイミングがやってきたことを意味します。私は単に書き表す者、三文文士に過ぎないことを自覚しています。その仕事が完成すること、役に立つこと、そして皆さんに満足いただけること、また神に満足していただけるものになることを願うばかりです。

My heart is too full to say anymore, excepting au revoir.”

心は万感の思いに溢れ、これ以上何も申し上げることはありません。ただひと言「オル・ヴァール」[またお目にかかりましょう、という意のフランス語]。

recovery/letsaskbillw/15.txt · 最終更新: 2024/05/31 by ragi