心の家路

依存症と回復、12ステップのスタディ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


recovery:letsaskbillw:17

すべてビル・Wの経験からきたのか

17Q - Is A.A. based totally on your own experiences?

Q17:AAはすべてがあなたの経験をもとにしたものなのか?

17A - Let's look. Dr. Bob recovered. Then we two set to work on alcoholics in Akron. Well, again came this tendency to preach, again this feeling that it has to be done in some particular way, again discouragement, so our progress was slow. But little by little we were forced to analyze our experiences and say, “This approach didn't work very well with that fellow. Why not? Let's try to put ourselves in his shoes and stop this preaching and see how he might be approached if we were he.” That began to lead us to the idea that A.A. should be no set of fixed ideas, but should be a growing thing, growing out of experience. After a while we began to reflect: “This wonderful blessing that has come to us, from what does it get its origin?” It was a spiritual awakening growing out of adversity. So then we began to look harder for our mistakes, to correct them, to capitalize on our errors. Little by little we began to grow so that there were 5 of us at the end of that first year; at the end of the second year 15; at the end of the third 40; and at the end of the fourth year, 100.

A17:よく見ましょう。ドクター・ボブが回復しました。そして私たち二人はアクロンでアルコホーリクへの働きかけを始めました。そう、説教をしてしまう例の傾向もまた現われましたし、何か特定のやり方で成し遂げられるはずだという感覚も、そして落胆も戻ってきました。だから私たちの進歩は遅いものでした。しかし少しずつ、自分たちの[失敗の]経験を分析せざるを得なくなり、こう言うようになりました、「彼にはこのアプローチではうまく行かないようだ。なぜだろうか? 彼の立場に立って考えてみて、こんな説教をするのをやめて、もし私たちが彼だったら、どんなふうにアプローチされるのが良いか想像してみようじゃないか」 こうした経験が、AAは固定した考えの集合ではなく、成長するもの、私たちの経験によって成長するものであるべきだ、という考えに私たちを導きました。しばらくすると私たちはこう考えるようになりました。「私たちに与えられたこの神の恵みは、いったい何が発端だったのか?」と。それは艱難(かんなん)がもたらした霊的な目覚めでした。それからの私たちは、修正するために、また活用するために、自分たちの間違いをよく調べるようになりました。私たちは少しずつ成長するようになり、一年目の終わりには5人、二年目の終わりには15人、三年目の終わりには40人、そして四年目の終わりには100人になりました。

During those first four years most of us had another bad form of intolerance. As we commenced to have a little success, I am afraid our pride got the better of us and it was our tendency to forget about our friends. We were very likely to say, “Well, those doctors didn't do anything for us, and as for these sky pilots, well, they just don't know the score.” And we became snobbish and patronizing.

この最初の四年間には、私たちのほとんどは別の形での狭量さを示していました。私たちは多少なりとも成功し始めると、すぐにプライドが高くなり、友人たちのことを忘れてしまう傾向があるようです。私たちもこう言ってしました。「医者たちは、私たちに何もしてくれなかったではないか。そうさ、あの連中ときたら、実情を何も知らないのだ」と。私たちは鼻持ちならない、見下す態度を取るようになりました。

Then we read a book by Dr. Carrell (Man, The Unknown). From that book came an argument which is now a part of our system. Dr. Carrel wrote, in effect; The world is full of analysts. We have tons of ore in the mines and we have all kinds of building materials above ground. Here is a man specializing in this, there is a man specializing in that, and another one in something else. The modern world is full of wonderful analysts and diggers, but there are very few who deliberately synthesize, who bring together different materials, who assemble new things. We are much too shy on synthetic thinking - the kind of thinking that's willing to reach out now here and now there to see if something new cannot be evolved.

やがて私たちはドクター・カレルの『人間 この未知なるもの』amazonを読みました。その本が引き起こした議論は、いま私たちのシステムの一部となっています。ドクター・カレルはおよそのところ、こう書いています——この世界は分析者たちで溢れている。私たちは精神の中にたくさんの原石を抱えており、地上はそれを実現するありとあらゆる材料がそろっている。これの専門家がおり、あれの専門家がおり、別の者には別の誰かがいる。現代社会は、素晴らしい分析者と深掘りをする者で溢れているが、手間をかけて総合し、違った材料を組み合わせ、新しいものを作ろうとする者はほとんどいない。私たちは総合して考えることをためらうのだ——それは、新しい何かを生み出すために、ここにあるもの、そこにあるものに手を伸ばそうと考え方です。

On reading that book some of us realized that was just what we had been groping toward. We had been trying to build out of our own experiences. At this point we thought, “Let's reach into other people's experiences. Let's go back to our friends the doctors, let's go back to our friends the preachers, the social workers, all those who have been concerned with us, and again review what they have got above ground and bring that into the synthesis. And let us, where we can, bring them in where they will fit.” So our process of trial and error began and at the end of four years, the material was cast in the form of a book known as Alcoholics Anonymous. (Yale Summer School of Alcohol Studies, June 1945)

この本を読んだことで、私たちの何人かは、これまで模索し続けてきたことを理解しました。それまで私たちは自分たちの経験から作り上げようとしてきました。ここに至って私たちは、こう考えました。「他の人たちの経験にも手を伸ばそう。私たちの友人である医師たちのところに戻り、また私たちの友人である牧師たちのところへ、ソーシャルワーカーのところへ、私たちに関わってくれるすべての人のところへ戻ろう。彼らがこの地上にもたらしたものをもう一度見直して、それを総合してみようじゃないか。そして、それが適合するところに当てはめてみようじゃないか」 そうやって私たちのトライアル・アンド・エラー(試行錯誤)が始まり、四年目の終わりには、そうした材料が『アルコホーリクス・アノニマス』という本としてできあがりました(イェール・サマー・スクール・オフ・アルコール・スタディ、1945年6月)

recovery/letsaskbillw/17.txt · 最終更新: 2024/05/31 by ragi