心の家路

依存症と回復、12ステップのスタディ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


recovery:letsaskbillw:20

初期のAA

20Q - Could you tell us about the early days and the meetings in your home on Clinton Street?

Q20:初期のこと、それからクリントン通りの自宅でのミーティングの様子を教えてください。

20A - In those days we were associated with the Oxford Group and one of its founders was Sam Shoemaker and the Group was meeting in Calvary Church. Our dept to the Oxford Group is simply immense. We might have found these principles elsewhere, but they did give them to us, and I want to again record our underlying gratitude. We also learned from them, so far as alcoholics are concerned, what not to do - something equally important. Father Edward Dowling, a great Jesuit friend of ours, once said to me, “Bill, it isn't what you people put into A.A. that makes it good - it's what you left out.” We got both sets of notions from our Oxford Group friends, and it was through them that Ebby had sobered up and became my sponsor, the carrier of this message to me.

A20:当時私たちは、オックスフォード・グループと一緒にやっていました。オックスフォード・グループの創始者の一人はサム・シューメーカーで、彼らはカルバリー教会に集まっていました。私たちはオックスフォード・グループからたくさんのものを受け継ぎました。そうした原理はおそらく他で見つけることもできたでしょうが、それを私たちに与えてくれたのが彼らだったのです。そのことに対する根本的な感謝を、ここで再度記録に残しておきたいです。また私たちは彼らから——これも同じく重要なことですが——アルコホーリクに対しては何をしてはならないかも学びました。イエズス会における私たちの偉大な友人エドワード・ダウリング神父がかつて私にこう言いました。「ビル、良かったのは、君たちAAが何を受け継いだかではなく、何を退けたかのほうだろう」 私たちはオックスフォード・グループの友人たちからこの両方の考えをもらいました。それによってエビーが酒を止め、私のスポンサーとなって、このメッセージを私に届けてくれたのです。

We began to go to Oxford Group meetings over in Calvary House, and it was there, fresh out of Towns Hospital, that I made my first pitch, telling about my strange experience, which did not impress the alcoholics who were listening. But something else did impress him. When I began to talk about the nature of this sickness, this malady, he pricked up his ears. He was a professor of chemistry, an agnostic, and he came up and talked afterward. Soon, he was invited over to Clinton Street - our very first customer. We worked very hard with Freddy for three years, but alas, he remained drunk for eleven years afterward. Other people came to us out of those Oxford Group audiences. We began to go down to Calvary Mission, an adjunct of the church in those days, and there we found a bountiful supply of real tough nuts to crack. We began to invite them to Clinton Street, and at this point the Groupers felt that we were over doing the drunk business. It seemed that they had the idea of saving the world and besides they'd had a bad time with us. Sam and his associates, he now laughingly tells me, were very much put out that they gathered a big batch of drunks in Calvary House, hoping for a miracle. They put them upstairs in those nice apartments and had them completely surrounded with sweetness and light but the drunks imported a flock of bottles and one of them pitched a shoe out of the apartment window and it went through a stained-glass window of the church. So the drunks were not exactly popular when the Wilson's showed up.

私たちはカルバリー・ハウスでのオックスフォード・グループのミーティングに行くようになり、そこでタウンズ病院から出たばかりの私は初登板を果たしました。つまり、私の不思議な体験について話したのですが、聞いていたアルコホーリクたちには何の感銘も与えませんでした。ですが、他のことがある男に影響を与えました。私がこの病気の本質について話し始めると、彼は耳をそばだたせました。彼は化学の教授で、無神論者でした。後で私のところにやってきて、話をしました。私たちは彼をクリントン通りの自宅に招きました。つまり彼が本当の最初の相手というわけです。私たちはこのフレディを相手に三年間一所懸命に取り組みましたが、悲しいかな、その後11年間彼は飲んだくれたままです。オックスフォード・グループの聴衆の中に私たちのところへやって来る人たちも出始めました。やがて私たちは当時教会の付属施設としてあったカルバリー伝道所に行くようになりました。そこは実に扱いにくい人たちの宝庫でした。私たちが彼らをクリントン通りに招くようになった時点で、オックスフォード・グループの人たちは、私たちが飲んだくれ相手にのめり込みすぎだと感じるようになりました。彼らは世界を救おうと考えており、一方で私たち[アルコホーリク]といると居心地悪く感じているようでした。サムと彼の仲間たちは——今では彼も笑って話してくれますが——奇跡を期待してカルバリー・ハウスに集めた飲んだくれの一団を追い出していました。飲んだくれを素晴らしいアパートの二階に住まわせ、完全な優しさと明るさで包み込んでみたのですが、飲んだくれたちは酒をたくさん持ち込んできました。中の一人はアパートの窓から靴を教会のステンドグラスの窓に投げつけてしまったのです。そんなわけで、ウィルソン夫妻がやってくるまでは、飲んだくれは実際には評判が悪かったのです。

At any rate, we began to be with alcoholics all the time, but nothing happened for six months. Like the Groupers, we nursed them. In fact, over in Clinton Street, we developed in the next two or three years something like a boiler factory, a sort of clinic, a hospital, and a free boarding house, from which practically no one issued sober, but we had a pile of experience.

ともあれ、私たちはアルコホーリクと四六時中一緒にすごしてみたのですが、6ヶ月は何も成果が上がりませんでした。オックスフォード・グループの人たちのように、私たちもアルコホーリクを看護しました。実際のところは、私たちはクリントン通りにそれからの二、三年間で、ボイラー工場に似た、ある種のクリニックにも似た、いや病院に似た、無料の下宿を作ってみたのですが、実質的には一人もしらふになりませんでした。ですが、私たちはたくさんの経験を得ました。

We began to learn the game, and after our withdrawal from the Oxford Group - a year and a half from the time I sobered in 1934 - we began to hold meetings of the few who had sobered up. I suppose that was really the first A.A. meeting. The book had not yet been written. We did not even call it Alcoholics Anonymous; people asked who we were and we said, “Well, we're a nameless bunch of alcoholics.” I suppose that use of the word “nameless” sort of led us to the idea of anonymity, which was later clapped on the book at the time it was titled.

私たちはやり方がだんだん分ってきました。そしてオックスフォード・グループから脱退した後には——それは1934年に私がしらふになった一年半後でしたが——しらふになった数人とミーティングを開くようになりました。私はこれが本当の最初のAAミーティングだと思っています。ビッグブックはまだ書かれていませんでした。アルコホーリクス・アノニマスという名前すらなく、人々から私たちは何者かと聞かれたら、「えーと、私たちはアルコホーリクの名前のない集り(a nameless bunch of alcoholics)です」と答えていました。この「名前のない」という言葉を使ったことが、後の「無名」というアイデアにつながったのだと思っています。後にビッグブックの書名を決める時に、アノニマスという言葉が使われることになりました。

There were great doings in Clinton Street. I remember those meetings down in the parlor so well. Our eager discussion, our hopes, our fears - and our fears were very great. When anyone in those days had been sober a few months and slipped, it was a terrific calamity. I'll never forget the day, a year and-a-half after he came to stay with us, that Ebby fell over, and we all said, “Perhaps this is going to happen to all of us.” Then, we began to ask ourselves why it was, and some of us pushed on.

クリントン通りではいろいろ大変なことがありました。ミーティングは応接間でやっていました。私たちが最初の頃に話していたのは、希望、そして恐れについてでした——私たちの恐れはとても大きかったのです。当時数ヶ月酒を止めていた人がスリップすると、それは大変な苦悩をもたらしました。エビーが私たちのところにやってきて一年半後、彼が飲んでしまった時のことを一生忘れないでしょう。私たちは皆こう言いました。「おそらく、これは私たちの誰にでも起こりうるだろう」 そして、私たちはそれがなぜなのか自問自答し、ともかく続けていきました。

At Clinton Street, I did most of the talking, but Lois did most of the work, and the cooking, and the loving of those early folks.

クリントン通りでは、私の役割はもっぱら話をすることでしたが、働き、料理をし、その初期の人たちを世話するのはもっぱらロイスの役割でした。

Oh my! The episodes we had there! I was away once on a business trip (I'd briefly got back into business), one of the drunks was sleeping on the lounge in the parlor. Lois woke up in the middle of the night, hearing a great commotion. One of the drunks had gotten a bottle and was drunk; he had also gotten into the kitchen and had drunk a bottle of maple syrup and he had fallen into the coal hod. When Lois opened the door, he asked for a towel to cover up his nakedness. She once led this same gentleman through the streets late at night looking for a doctor, and not finding a doctor, then looking for a drink, because, as he said, he could not fly on one wing!

ああそうだ、こんなエピソードもありました。私は一度出張旅行で家を空けたことがありました(短い間仕事に戻っていたのです)。その時に、飲んだくれの一人が応接間の寝椅子で寝ていました。ロイスは真夜中に大きな音を聞いて目を覚ましました。飲んだくれの一人が酒をひと瓶手に入れ、それを飲んで酔っ払い、キッチンに入りこむと、そこにあったメイプルシロップの瓶を飲み干し、石炭入れに落ちてしまったのです。ロイスがドアを開けると、彼は全裸なので隠すためにタオルが欲しいと言ったんです。別の夜にはロイスがこの紳士を医者に診せに夜の町に連れ出したことがあります。医者が見つからなかったので、仕方なく酒を探しました。なぜなら彼が、翼が片方だけでは飛べないと言い始めたからです。

On one occasion, a pair of them were drunk. We had five, and on another occasion, they were all drunk at the same time! Then there was the time when two of them began to beat each other with two-by-fours down in the basement. Then one night, poor Ebby, after repeated trials and failures, was finally locked out one night, but lo and behold, he appeared anyway. He had come through the coal chute and up the stairs, very much begrimed.

ある時、五人いたなかで、二人が一緒に酔っ払ったことがあります。また別の時には、その全員が同時に酔っ払ったこともありました。また、2フィート×4フィートの地下室で二人が殴り合いのけんかをしたこともありました。ある晩、可哀想なエビーが、ドアを開けようと何度も試しては失敗し、最後には閉め出されてしまいました。だが驚いたことに、彼はなんとか中に入りこんできました。石炭シュートをよじ上ってきたので、すすで真っ黒になっていました。

So you see, Clinton Street was a kind of blacksmith shop, in which we were hammering away at these principles. For Lois and me, all roads lead back to Clinton Street. (Manhattan Group, 1955)

これでお分かりのように、クリントン通りは鍛冶屋のようなものでした。そこで私たちは、こうした原理を鍛え上げたのです。ロイスと私にとって、あらゆるものはクリントン通りにつながっているのです(1955年マンハッタン・グループにて)。

recovery/letsaskbillw/20.txt · 最終更新: 2024/05/31 by ragi