心の家路

依存症と回復、12ステップのスタディ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


recovery:letsaskbillw:33

AAの成功率は?

33Q - What is the success rate of Alcoholics Anonymous?

Q33:アルコホーリクス・アノニマスの成功率は?

33A - Of those sincerely willing to stop drinking about 50 per cent have done so at once, 25 per cent after a few relapses and most of the remainder have improved. (N.Y. State J. Med., Vol. 44, Aug., 1944) .

A33:心から酒をやめたいと願った人たちのおよそ50%はすぐに酒をやめられました。25%は何度か再飲酒した後にやめ、残りのほとんどにも改善が見られました。(1944年、ニューヨーク州医学ジャーナル第44巻)


Another Answer

33A - As of 1949 our quantity results are these. The 14 year old society of Alcoholics Anonymous has 80,000 members in about 3,000 groups. We have entered into about 30 foreign countries and U.S. possessions; translations are going forward. By occupation we are an accurate cross section of America. By religious affiliation we are about 40% Catholic, nominal and active Protestants; also many former agnostics, and a sprinkling of Jews comprise the remainder. Ten to 15% are women. Some Negroes are recovering without undue difficulty. Top medical and religious endorsements are almost universal. A.A. membership is pyramiding, chain style, at the rate of 30% a year. During 1949 we expect 20,000 permanent recoveries, at least. Half of them will be medium or mild cases with an average age of 36 - a fairly recent development.

別の答

33A:1949年現在の私たちの量的な成果はこのようなものだ。アルコホーリクス・アノニマスという団体は、誕生してから14年が経過し、メンバー数は8万人に、グループ数は約3千となった。およそ30の外国あるいは合衆国統治領に進出した。(文献の)翻訳も進んでいる。(メンバーの)職業はアメリカ全体の正確な縮図となっている。(メンバーの)所属している宗教については、約40%がカトリック、名目上のおよび活動的なプロテスタントである。またかつては多くが無神論者だった。そして残りのなかにはわずかながらユダヤ教徒も含まれている。10~15%が女性である。わずかながら黒人も特段の困難なく回復しつつある。ほぼあらゆる一流の医学者、宗教者からの支持が得られている。AAのメンバー数はピラミッド型をしており、チェーンストア的に年に30%の率で増加している。1949年の1年間で少なく見積もっても2万人が永続的に回復したと予想される。その半数は中等症あるいは軽症だろうと思われ、平均年齢は36才となっている。これが昨今の展開である。

Of alcoholics who stay with us and really try, 50% get sober at once and stay that way, 25% do so after some relapses and the remainder show some improvement. But many problem drinkers do quit A.A. after a brief contact, many, three or four out of five. Some are too psychopathic or damaged. But the majority have powerful rationalizations yet to be broken down. Exactly this does happen, providing they get what A.A. calls a “good exposure,” on first contact. Alcohol then burns such a hot fire under them that they are driven back to us, often years later. They tell us that they had to return; it was A.A. or else. Such cases leave us the agreeable impression that half of our original exposures will eventually return, most of them to recover. (Amer. J. Psychiatry Vol. 106, 1949) .

私たちの元に留まって真剣に取り組んだアルコホーリクのうち50%はすぐに酒をやめてその後もやめ続け、25%は何回か再飲酒をした後に酒をやめ、残りにもいくらかの改善が見られた。しかし、多くの問題飲酒者、おそらく5人中3人から4人が、短い接触の後にAAをやめていった。その中には精神病質やダメージが大きすぎる者たちもいた。ではあるが、大多数は強力な自己正当化を抱えており、それはやがて打ち破られることになる。実際のところ、その打破は最初の接触においてAAが「良い接触」と呼ぶものによってもたらされる。アルコールという業火に焼かれ、彼らはたいてい数年以内に私たちの元に戻ってくる。彼らは、戻ってこざるを得なかった(それがAAへなのか、他へなのかはともかく)と語っている。そうしたケースによって、私たちと最初の接触した人たちの半分は、最終的には戻ってきて、そのほとんどが回復する、という好感の持てる印象を与えてくれる。(アメリカ精神医学ジャーナル、106巻、1949年)。


Another Answer

33A - About two thousand recoveries now take place each month. Of those alcoholics who wish to get well and are emotionally capable of trying our method, 50 per cent recover immediately, 25 per cent after a few backslides. The remainder are improved if they continue active in A.A. Of the total who approach us, it is probable that only 25 per cent become A.A. members on the first contact. A list of seventy-five of our early failures today discloses that 70 returned to A.A. after one to ten years. We did not bring them back; they came of their own accord. (N.Y. State J. Med., Vol.50, July 1950) .

別の答

33A:毎月約2千人が回復しています。もちろんそうしたアルコホーリクたちは、良くなりたいと強く望んでおり、私たちのプログラムをやってみるだけの情緒的な能力がある人たちです。50%がすぐに回復し、25%が何度か後戻りした後に回復します。残りの人たちも、AAへの参加を続けている限り改善していきます。最初の接触では、私たちのところに来た人全体のなかで、AAメンバーになるのはおそらく25%に過ぎないでしょう。現在のところ私たちの初期の失敗75例のうち、70例が1年後から10年後までにAAに戻ってきていることが明らかになっています。私たちが連れ戻したのではありません。彼らは自発的に戻ってきたのです。(ニューヨーク州医学ジャーナル第50巻、1950年)


Another Answer

33A - As we gained in size, we also gained in effectiveness. The recovery rate went up. Of all those who really tried A.A., 50 per cent made it at once, 25 per cent finally made it; and the rest, if they stayed with us, were definitely improved. That percentage has since held, even with those who first wrote their stories in the original edition of “Alcoholics Anonymous.” In fact, 75 per cent of these finally achieved sobriety. Only 25 per cent died or went mad. Most of those still alive have been sober for an average of twenty years.

別の答

33A:私たちの人数が増えるにつれて、有効性も増していきました。回復率は向上しました。AAに真剣に取り組んだ人の50%はすぐに酒がやめられ、25%が最終的には酒をやめました。残りの人たちも、AAに留まっている限り、確かに改善が見られました。私たちの高い回復率はその後も保たれており、それは『アルコホーリクス・アノニマス』の初版に体験記を載せた人たちについても言えます。彼らの75%は最終的に断酒を成し遂げており、死あるいは狂気に至ったのは25%に過ぎません。現在も存命の人たちの断酒期間は平均して20年になります。

In our early days and since, we have found that great numbers of alcoholics approach us and then turn away - maybe three out of five, today. But we have happily found out that the majority of them later return, provided they are not too psychopathic or too brain damaged. Once they have learned from the lips of other alcoholics that they are beset by an often fatal malady, their further drinking only turns up the screw. Eventually they are forced back into A.A., they must or die. Sometimes this happens years after the first exposure. The ultimate recovery rate in A.A. is therefore a lot higher than we at first thought it could be.

AAの初期から今まで、たいへん多くのアルコホーリクが私たちのところにやってきて、そして去って行きました――おそらく今日では5人中3人がそうでしょう。しかし幸いにも、彼らの大多数はやがて戻ってくることが分かりました。ひどく精神病質であったり、脳にダメージがなければですが。死をもたらしうる病気に取り憑かれていることを、他のアルコホーリクの口から一度聞かされると、その後の飲酒が彼らを行き詰まらせるのです。結局彼らはAAに戻って来ざるを得ません。そうするか、死ぬしかないのですから。これは時には最初の接触から何年か後になります。ですから、AAにおける最終的な回復率は、当初考えられたよりすっと高いのです。

Yet we must humbly reflect that Alcoholics Anonymous has so far made only a scratch upon the total problem of alcoholism. Here in the United States, we have helped to sober up scarcely five per cent of the total alcoholic population of 4,500,000. (N.Y. Med. Society on Alcoholism, 1958) .

しかしながら、私たちは、アルコホーリクス・アノニマスがこれまでのところ成し遂げたのは、アルコホリズムの問題全体のほんの表面をかすったに過ぎないことも考えねばなりません。私たちは合衆国の中に450万人いるというアルコホーリックのうち、わずか5パーセントが酒をやめる手助けをしただけなのです(ニューヨーク市アルコホリズム医学会、1958年)


Another Answer

33A - A.A. members can soberly ask themselves what became of the 600,000 alcoholics who approached the Fellowship during the past thirty years but who did not stay. How much and how often did we fail all these? When we remember that in the 20 years of A.A. existence we have reached less than 10 per cent of all those who might be willing to approach us, we begin to get an idea of the immensity of our task, and of the responsibilities with which we will always be confronted. (G.S.C. 1958). .

別の答

33A:AAメンバーである私たちは、過去30年間にこの共同体(AA)に近づいたものの、留まらなかった60万人がその後どうなったのか、真面目に考えてみるべきです。いかに多く、いかに頻繁に、私たちが彼らを助けることができなかったか。AAが存在したこの20年間に、私たちの手が届いたのは、AAに接したいと願うだろう人たち全体の1割にもならないことを思い起こせば、私たちの使命の広大さと、常に突きつけられる責任が分ろうというものです。(1958年、ゼネラル・サービス評議会)。


Another Answer

33A - I took note of the fact that in the generation which has seen A.A. come alive, this period of twenty-five years, a vast procession of the world's drunks have passed in front of us and have gone over the precipice. Based on figures I was careful to get, it looks like, worldwide, there was something like 25 million of them and out of that stream of despair, illness, misery and death – we fished out just one in a hundred in the last 25 years. I think we're fishing somewhat bigger and better.

別の答

33A:私は、AAがあったこの時代、この25年間、世界のアルコホーリクが行列をして私たちの前を通り過ぎ、断崖から落ちていったという事実に気づきました。私が慎重に手に入れた統計に寄れば、おそらく世界的に見れば、そのような人たちがおよそ2,500万人いるでしょう。過去25年の間に、絶望と、病と、不幸と、死の流れの中から、私たちが救い出せたのは100人に1人にすぎません。私たちはより多く、より良く救い出せるようになりつつあると思います。

Our numbers are considerable. We have size. There is great security in numbers. You can't imagine how it was in the very first two or three years of this thing when nobody was sure that anybody could stay sober…Then we were like the people on Eddie Rickenbacker's raft. Boy, anybody rock that raft, even a little, and he was sure to be clobbered, that's all, and then thrown overboard. But today it's a different story. Along with greater security in numbers, there has come a certain amount of liability. The more people there are to do a job, it often turns out, the less there are. In other words, what is everybody's business is nobody's business. So size is bound to bring complacency unless we get increasingly aware of what's going on. (Transcribed from tape. GSC, 1960)

私たちの人数は注目に値します。私たちは大きくなりました。数は大きな安全を与えてくれます。最初の二、三年間、私たちは酒を飲まずにいられるのか、誰も確信が持てずにいました。私たちはまるで、エディー・リッケンバッカーの救命筏の人々のようでした。おい、この筏をちょっとでも揺する奴がいたら、ブチのめして、外に放り出してやるからな。しかし、今ではまったく別の話になりました。人数の増加が大きな安全をもたらしたのと同時に、それなりのマイナス作用も出てきています。一つの仕事をより多くの人がやるようになると、仕事をする人が減ってしまうのです。言い換えれば、みんなの仕事は誰の仕事でもないということです。何が進行しているのかもっと意識するようにしなければ、人数の増加は自己満足をもたらすのみです(1960年ゼネラル・サービス評議会の録音より)。

現在のAAの回復率については、アーサー・Sらによる アルコホーリクス・アノニマス(AA)の回復率 を参照されたい。
recovery/letsaskbillw/33.txt · 最終更新: 2021/05/10 by ひいらぎ