心の家路

依存症と回復、12ステップのスタディ

ユーザ用ツール

サイト用ツール


recovery:letsaskbillw:13

AAと他の機関との関係

13Q - Could you explain AA's tradition concerning other agencies in the field of alcoholism.

Q13:アルコホリズムの分野における他の機関と関係についてのAAの伝統について説明してください。

13A - I remember very well when this committee started (January, 1944) It brought me in contact with our great friends at Yale, the courageous Dr. Haggard, the incredible Dr. Jellinek or Bunky as we affectionately know him and Seldon and all those dedicated people.

A13:この委員会が始まったとき(1944年1月)のことをよく憶えています。そのおかげで、素晴らしい友人たち、イェール大学の勇気あるドクター・ハガード、類い希なドクター・ジェリネク—私たちは愛情をこめてバンキーと呼びますが—それからセルドン、ほかの熱心な人々と知り合うことができました。

The question arose, could an AA member get into education or research or what not? Then ensued a fresh and great controversy in AA which was not surprising because you must remember that in this period we were like people on Rickenbacker's raft. Who would dare ever rock us ever so little and precipitate us back in the alcohol sea.

AAメンバーは教育や研究などの分野に立ち入って良いのかどうか、という疑問が生じてきました。それはAAの中に騒々しい大議論を巻き起こしました。忘れないでいただきたいのは、この時期の私たちは、まるでリッケンバッカーの救命ボートにいる人々のようだったということです。あえてボートを揺らして、自分たちをアルコールの海に振り落とそうと思う人はいませんでした。

So, frankly, we were afraid and as usual we had the radicals and we had the conservatives and we had moderates on this question of whether A.A. members could go into other enterprises in this field. The conservatives said, “no, let's keep it simple, let's mind our own business.” The radicals said, “let 's endorse anything that looks like it will do any good, let the A.A. name be used to raise money and to do whatever it can for the whole field,” and the growing body of moderates took the position, “let any A.A. member who feels the call go into these related fields for if we are to do less it would be a very antisocial outlook.” So that is where the Tradition finally sat and many were called and many were chosen since that day to go into these related fields which has now got to be so large in their promise that we of Alcoholics Anonymous are getting down to our right size and we are only now realizing that we are only a small part of a great big picture.

率直に言って、私たちは恐れていました。AAメンバーがこうした分野の事業に加わっていいかどうかという件について、いつものように私たちの中には急進派もいましたし、保守派も、穏健派もいました。保守派はこう言いました。「それはダメだ。シンプルにしよう。私たちの仕事に忠実でなければならない」と。一方、急進派はこう言いました。「良いことなら何でも支持しようじゃないか。AAの名前を使って金を集めても良い。あらゆる分野でできることは何でもやろう」と。数を増していた穏健派の立場はこうでした。「関連分野に使命を感じるAAメンバーはそちらに行かせて良いだろう。そうしなければ、私たちはとても閉鎖的[反社会的]な態度を取ることになってしまうからだ」 このようにして伝統が定まり、その時から、多くの人たちが使命を感じ、選ばれて、関連分野に入っていきました。その後そうした分野が大きくなったおかげで、私たちアルコホーリクス・アノニマスは正しいサイズにまで小さくなることができ、私たちが大きな全体の小さな一部にすぎないことを悟らせてくれたのです。

We are realizing again, afresh, that without our friends, not only could we not have existed in the first place but we could not have grown. We are getting a fresh concept of what our relations with the world and all of these related enterprises should be. In other words, we are growing up. In fact, last year at St. Louis we were bold enough to say that we had come of age and that within Alcoholics Anonymous the main outlines of the basis for recovery, of the basis for unity and of the basis for service or function were already evident.

私たちは、再び、今さらのように思い知らされました。[AAの]友人たちなしには、そもそも私たちは存在し得なかったでしょうし、成長もできなかったでしょう。私たちは、世界との関係、関連分野の機関との関係がどうあるべきかについて、新しい概念を得つつあります。つまり、私たちは成長しつつあるのです。実際のところ、昨年セントルイスで私たちは勇気をもって宣言しました。私たちが成年に達したことを。そして、アルコホーリクス・アノニマスが、回復の原理、団結の原理、そしてサービスと役割の原理について、それぞれの主要な要素を獲得したことは、すでに明らかであると。

At St. Louis I made talks upon each of those subjects which largely concerned themselves about what A.A. had done about these things but here we are in a much wider field and I think that the sky is the limit. I think that I can say without any reservation that what this Committee has done with the aid of it's great friends who are now legion as anyone here can see. I think that this Committee has been responsible for making more friends for Alcoholics Anonymous and of doing a wider service in educating the world on the gravity of this malady and what can be done about it than any other single agency.

セントルイスで私はこの三つについて話をしましたが、その大部分はこれまで私たちがやってきたことについてでした。だがここに至って私たちは、より広い領域へと進みつつあり、それは限りなく広がっていると思えます。私は率直に申し上げます。この委員会は、これまで私たちの知る数多くの偉大な友人たちの援助によって活動してきましたが、この委員会はアルコホーリクス・アノニマスにさらに多くの友人を獲得し、この病気の深刻さについて全世界を教育する幅広いサービスを提供する責任を負っていると考えます。それは、他のいかなる単一の機関でも成せないことだからです。

I'm awfully partial and maybe I'm a little biased because here sits the dean of all our ladies (Marty M.), my close, dear friend. So speaking out of turn as a founder, I want to convey to her in the presence of all of you the best I can say of my great love and affection is thanks.

私はえこひいきをして、おそらく多少偏っていることでしょう。なぜなら、私たちの女性の代表格(マーティ・M)や、私の近親者や友人たちと一緒に座っているからです。創始者として余計なことを言うとするならば、皆さんがいる前で彼女に伝えたいことは、私の大きな好意と感謝です。

At the close of things in St. Louis, I remember that I likened A.A. to a cathedral style edifice whose corners now rested on the earth. I remember saying that we can see on its great floor the Twelve Steps of Alcoholics Anonymous and there assembled 150,000 sufferers and their families. We have seen side walls go up, buttressed with the A.A. Tradition and at St. Louis, when the elected Conference took over from the Board of Trustees, the spire of service was put into effect and its beacon light, the beacon light of A.A. shone there beckoning to all the world.

セントルイスの閉会に当たって、私はAAを大聖堂のような建造物に例えました。その基礎は地球に置かれています。その大きな床には、アルコホーリクス・アノニマスの12のステップがあり、15万人の病人とその家族がいるのが見える、と私は言いました。そびえる壁は、AAの伝統と、セントルイスにおいて理事会から責任を引き継いだ評議会によって支えられているのが分ります。上にはサービスという尖塔が載り、標識灯が光を放っています。そのAAという光が世界全体を招いて光っているのです。

I realized that as I sat here today that that was not a big enough concept, for on the floor of the cathedral of the spirit there should always be written the formula from whatever source for release from alcoholism, whether it be a drug, whether it be the psychiatric art, whether it be the ministrations of this Committee. In other words, we who deal with this problem are all in the same boat, all standing upon the same floor. So let's bring to this floor the total resources that can be brought to bear upon this problem and let us not think of unity just in terms of A.A. Tradition but let us think of unity among all those who work in the field as the kind of unity that befits brotherhood and sisterhood and a kinship in the common suffering. Let us stand together in the spirit of service. If we do these things, only then can we declare ourselves really come of age. And only then, and I think that this is a time not far off. I think we can say that the future, our future, the future of the Committee, of A.A. and of the things that people of good will are trying to do in this field will be completely assured. (Transcribed from taped address to The National Committee for Education on Alcoholism. March 30, 1956).

今日私はここに座りながら、私のあの例えが十分でなかったと悟りました。スピリチュアルな大聖堂の床には、常にアルコホリズムからの解放の源となる方法が書かれているはずなのです。それは何らかの薬品かもしれず、何らかの精神科的技法かもしれず、またこの委員会の役割なのかもしれません。つまり、この問題に関わっている私たち全員は、同じボートに乗り合わせているのです。皆が同じ床に立っているのです。ですから、この床には、この問題に関わるすべての資源を集めましょう。また「一体性」という言葉をAAの伝統の観点から考えないようにして、この分野で働いているすべての人たちが「団結」して、共通の苦難に立ち向かうための兄弟愛や親族愛のように考えて下さい。奉仕の精神のもとに団結しましょう。私たちにそれができたとき、ようやく真に成年に達した[十分に成長した]と宣言できるでしょう。その時が来るのは、そう遠くはないと思います。そして、その時こそ、私たちの未来が、この委員会の未来が、AAの未来が、そしてこの分野で善意の人々がやろうとしていることの未来が、確実なものとなったと言えるようになるはずなのです。(1956年3月30日、アルコホリズム教育に関する国の委員会の録音テープから)。

recovery/letsaskbillw/13.txt · 最終更新: 2024/05/26 by ragi