ヤマアラシのジレンマ

Das Dilemma der Stachelschweine - 「心の家路」のブログ

Movable Type 7 をアップデートする

ときどきセキュリティアップデートをインストールしなければならないが、WordPressなどと違って、管理画面の操作一発でアップデートとならいなところがMTの面倒なところだ。メモ書きとして、MT7のアップデート手段を書いておく。


【1】 まずMovableTypeのアップデートの前に、Perlのバージョンを確認する

MovableTypeのダッシュボードから システム設定システム情報 と進み 「システム情報」Perlのバージョンがバージョン番号だけで、特にメッセージが表示されていなければオーケー。Perlのバージョンが古すぎれば、バージョンを切り替える(少なくとも、さくらやロリポップの場合には、サーバーのコントロールパネルでPerlのバージョン切り替えが可能である)。


【2】Movable Type 個人無償版ダウンロード

ここから行なう。

メールアドレスを入力し、利用目的は「バージョンアップ」として送信すると、ダウンロードのURLがメールで届く。


【3】 データベースのバックアップをする

私は面倒くさいのでいつも省略しているが、忘れずにやっておくべき。
(さすがに毎日の定期バックアップは行なっている)


【4】 ZIPファイルのアップロード

MT7-Rxxxx.zip を tmp ディレクトリにアップロードする
(FTPとかで良いが、下の例はscpを使っている)

scp MT7-Rxxxx.zip hoge@fuga.org:tmp

【5】 ログインしてunzipする

ssh hoge@fuga.org

# httpdのディレクトリに移動

cd www

# unzipすると MT7-Rxxxx というディレクトリができて、その中に展開される

unzip ../tmp/MT7-Rxxxx.zip

# MT7-Rxxxx → mt-new にリネーム

mv MT7-Rxxxx mt-new

【6】 古いMovableTypeからコピーするもの

# mt-config.cgi のコピー

cp mt/mt-config.cgi mt-new

# MovableTypeのデフォルトプラグイン以外のプラグインをインストールしていたらコピーする

  • デフォルトプラグイン:
    • BlockEditor
    • Comments
    • FacebookCommenters
    • FormattedText
    • FormattedTextForTinyMCE
    • GoogleAnalytics
    • Markdown
    • OpenID
    • Textile
    • TinyMCE
    • Trackback
    • WXRImporter
    • WidgetManager
    • spamlookup
cp -r mt/plugins/pluginname mt-new/plugins

# テーマ類のコピー

cp -Rf mt/mt-static/support/ mt-new/mt-static/support/
# あるいは↓でも同じ
cp -Rf mt/mt-static/support mt-new/mt-static

【7】 切り替える

mv mt mt-old
mv mt-new mt

【8】 ダッシュボードにアクセスする

https://hoge.org/mt/mt.cgi?__mode=dashboard

「アップグレード開始」が表示されるはず


ローカルでZIPを展開して、FTPで直接上書きしていたのに比べれば、スマートなやり方になったと言えると思う。

コメントする