ヤマアラシのジレンマ

Das Dilemma der Stachelschweine - 「心の家路」のブログ

Movable Type 7 をアップデートする

ときどきセキュリティアップデートをインストールしなければならないが、WordPressなどと違って、管理画面の操作一発でアップデートとならいなところがMTの面倒なところだ。メモ書きとして、MT7のアップデート手段を書いておく。


【1】 まずMovableTypeのアップデートの前に、Perlのバージョンを確認する

MovableTypeのダッシュボードから システム設定システム情報 と進み 「システム情報」Perlのバージョンがバージョン番号だけで、特にメッセージが表示されていなければオーケー。Perlのバージョンが古すぎれば、バージョンを切り替える(少なくとも、さくらやロリポップの場合には、サーバーのコントロールパネルでPerlのバージョン切り替えが可能である)。


【2】Movable Type 個人無償版ダウンロード

ここから行なう。

メールアドレスを入力し、利用目的は「バージョンアップ」として送信すると、ダウンロードのURLがメールで届く。


【3】 データベースのバックアップをする

私は面倒くさいのでいつも省略しているが、忘れずにやっておくべき。
(さすがに毎日の定期バックアップは行なっている)


【4】 ZIPファイルのアップロード

MT7-Rxxxx.zip を tmp ディレクトリにアップロードする
(FTPとかで良いが、下の例はscpを使っている)

scp MT7-Rxxxx.zip hoge@fuga.org:tmp

【5】 ログインしてunzipする

ssh hoge@fuga.org

# httpdのディレクトリに移動

cd www

# unzipすると MT7-Rxxxx というディレクトリができて、その中に展開される

unzip ../tmp/MT7-Rxxxx.zip

# MT7-Rxxxx → mt-new にリネーム

mv MT7-Rxxxx mt-new

【6】 古いMovableTypeからコピーするもの

# mt-config.cgi のコピー

cp mt/mt-config.cgi mt-new

# MovableTypeのデフォルトプラグイン以外のプラグインをインストールしていたらコピーする

  • デフォルトプラグイン:
    • BlockEditor
    • Comments
    • FacebookCommenters
    • FormattedText
    • FormattedTextForTinyMCE
    • GoogleAnalytics
    • Markdown
    • OpenID
    • Textile
    • TinyMCE
    • Trackback
    • WXRImporter
    • WidgetManager
    • spamlookup
cp -r mt/plugins/pluginname mt-new/plugins

# テーマ類のコピー

cp -Rf mt/mt-static/support/ mt-new/mt-static/support/
# あるいは↓でも同じ
cp -Rf mt/mt-static/support mt-new/mt-static

【7】 切り替える

mv mt mt-old
mv mt-new mt

【8】 ダッシュボードにアクセスする

https://hoge.org/mt/mt.cgi?__mode=dashboard

「アップグレード開始」が表示されるはず


ローカルでZIPを展開して、FTPで直接上書きしていたのに比べれば、スマートなやり方になったと言えると思う。

Windows 10 20H2で従来版Edge(Edge Classic)を使う。

Windows 10 の 20H2 からは従来版Edge(Edge Classic)が使えなくなってしまいました。いまどきEdge Classicを使いたい人は少ないでしょうが、20H2にアップデートしてから「しまった!」と思っている御仁もいるようで、僕もその一人です。『心の家路』がEdge Classicでもきちんと表示されるか確かめておきたいものですから。

しかしネットを検索してみても、Chromium Edgeとの共存のネタばかり表示されて、20H2で従来版を起動するノウハウは見つかりません。やむなく英語で検索してみたら、Microsoft Edge Insider の Discussions で見つかりました。

Microsoft Edge Legacy
https://techcommunity.microsoft.com/t5/discussions/microsoft-edge-legacy/m-p/1621710

nikhilk0 という人物の2020年8月31日の投稿に、

I, too, faced this issue on my 20H2 machine after Edgium stable 85 update. The only workaround I found, for now, is to delete BrowserReplacement key value at 'Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}' in registry. The only downside is that you have to delete this key each time Edge Chromium gets an update. Please proceed with caution with registries. I'm not responsible for any damage. If anyone has better solution I would be happy to try.

つまり、\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062} というレジストリキーを削除すればいいわけだ(やってみたら、ちゃんと従来版Edgeが起動しました)。

ただし、Chromium Edgeが更新されるたびにこのキーを削除しなければなりません。

毎回レジストリエディタを起動しなくても、管理者として実行したコマンドプロンプトから

reg delete HKLM\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062} /v BrowserReplacement /f /reg:32
reg delete HKLM\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062} /v BrowserReplacement /f /reg:64

とやればオーケー。/f はYes/Noの確認を省くオプション。/reg:32 と /reg:64 は、実行しているWindowsが32bit版か、64bit版かによる差を吸収するものです。両方記述したバッチファイルにしとけばいいかも。


2021年4月5日追記

3月29日にリリースされたオプションの更新プログラムKB5000842をインストールすると、Edge Legacyが削除された。上記のレジストリエントリを削除しても、Edge Legacyを起動させることはできなかった(Chromium Edgeが起動してしまう)。

KB5000842はこのまま問題がなければ、4月の月例更新プログラムに含まれることになる。いまのところ、これらを回避する手段は見つかっていない。

KB5000842はオプション扱いなので、わざわざユーザーがインストール操作をしなければインストールされることはないが、4月20日ごろの月例更新プログラムに含まれると予想されるため、それ以降のWindowsUpdateでEdge Legacyは自動的に削除されてしまうだろう。

インクジェットプリンターのインク詰まり

  • 投稿日:
  • by
  • Category:

インクジェットプリンターのインクノズルが詰まって、黒が印刷できなくなってしまった。
安い互換インクを使ったのが原因だろう。

昔は純正のインクを使っても、しばしばノズル詰まりが起きた。だが、最近のプリンター+純正インクでノズルが詰まることは滅多にないはずだ(たぶん)。
また、あまり安くない互換インクの品質も向上して、やはり詰まることは少なくなった・・・が、あまり安くなければコストメリットもないので、なるべく安いインクを買う。すると詰まってしまうわけだ。

ヘッドクリーニングで詰まりが解消できることもある。しかし今回は、長期間放置したために頑固な詰まりが起きたのか、プリンターのクリーニング機能では解決しなかった。

ひょっとしてインク切れかも、と思って、新しいインクカートリッジ(互換品)に交換してみてが症状は変わらず。

こんな時には純正のインクカートリッジに交換して24時間おき、それからクリーニングを行うと良いという。純正のインクによって、固着した互換インクが溶解するのだろうか? 前回も同じ事態をそれで復活させたんだっけ。

さっそくAmazonで純正インクをオーダーすると、翌日到着した。装着して24時間放置し、ヘッドクリーニング後にテスト印字を試みた。だが期待に反して、詰まりは解消しなかった。ダメか。

ヘッドを外して洗浄する人もいるようだが、そこまでするのは面倒だ。新しい製品に買い換えようか、と思いつつ、ふと思いついたことがあった・・・。

A4版サイズの全面真っ黒なデータを作り、印刷してみた。最初はほとんどインク吐出がないのだが、途中からかすれながらも印字?されるようになり、A4版の真ん中あたりからは真っ黒に塗りつぶされた。復活だ!

純正インクによって固着した互換インクが溶解するのであっても、クリーニングするだけでは純正インクが達しない箇所があれば、詰まりは解消しない。しかし、印字させることで純正インクを固着部まで届かせられれば、溶解させられるのではないか、というアイデアだった。その通りの機序なのか分からないが、ともかく成功して良かった。

ヘッドを取り外して洗浄したり、プリンターの分解まで行う人もいる。ヘッドの洗浄剤(界面活性剤)を詰めたカートリッジも売られていると聞く。

なぜそこまでして互換インクを使うのか? プリンターメーカーも印字コストを下げる努力をしている。頻繁にカラー印刷を行う人にとっては、純正インクの単価もそれほど高く感じないのかも知れない。ところが、主にモノクロ印刷だけしていると、レーザープリンターのほうが印刷単価が安く、速度も速い。インクジェットプリンターを使うのは、「滅多にない」カラー印刷を行うときだけ、ということになる。

ひさしぶりにインクジェットプリンターの電源を入れると、印刷の前にガチャガチャと動作音がして、長々となにかやっている。ヘッドのクリーニングをし、吸収体に向けてインクを吐出することで、ノズル詰まりを解消しているのだろう。毎日印刷に使っていれば不要な動作である。ところが、この動作でかなりの量のインクが消費される。

なので、滅多に使わないのに、たまに使うときにはインクが印字以外で浪費され、あっというまにインクが終わってしまう。すると印字単価は急上昇し、コストダウンのために互換インク(それもなるべく安いの)に手が伸びるというわけだ。

家庭用のカラーレーザープリンターもA4版なら2万円ぐらいになっていて、複合機も5万円ぐらいか。次に複合機の買い換えをするときにカラーのタイプを選んで、インクジェットは廃するかもしれない。

Got error 176 "Read page with wrong checksum" from storage engine Aria への対処

mysqldump でデータベースをダンプしようとしたら、

Got error 176 "Read page with wrong checksum" from storage engine Aria

というエラーが出てしまった場合の対処。

  • phpMyAdmin にログイン
  • データベース一覧からmysqlを選ぶ
  • テーブルを「すべてチェックする」 → 「チェックしたものを:」 テーブルを修復する

情報元: Twin Turbo Computing

XAMPPでMySQLが起動しないときのためのメモ

XAMPPを使っていて、時々MySQL(MariaDB)が壊れて起動しなくなってしまうので、その修復方法のメモ。

XAMPP Control Panel の MySQL が緑色に点灯せず、PID(s) や Port(s) もブランクのまま、Startボタンが表示されていて、下のステータスには、こんな感じの赤い行が表示される(Apacheは動いている)。

7c7ec0b0ffc2e0d0f46b5665825a7681.png

16:57:37 [mysql] Attempting to start MySQL app...
16:57:38 [mysql] Status change detected: running
16:57:39 [mysql] Status change detected: stopped
16:57:39 [mysql] Error: MySQL shutdown unexpectedly.
16:57:39 [mysql] This may be due to a blocked port, missing dependencies,
16:57:39 [mysql] improper privileges, a crash, or a shutdown by another method.
16:57:39 [mysql] Press the Logs button to view error logs and check
16:57:39 [mysql] the Windows Event Viewer for more clues
16:57:39 [mysql] If you need more help, copy and post this
16:57:39 [mysql] entire log window on the forums

/xampp/mysql/data/mysql_error.log を見ると、エラーの起きた時間あたりにこんな行があった。

2020-08-27 16:57:37 0 [ERROR] mysqld.exe: Aria recovery failed. Please run aria_chk -r on all Aria tables and delete all aria_log.######## files

Aria FAQRemove logs and run aria_chk on your *.MAI files という荒技が書いてあったのでやってみる。

aria_chk.exe は \xampp\mysql\bin に、*.MAIは \xampp\mysql\data\mysql にある

cd \xampp\mysql\data\mysql
..\..\bin\aria_chk -r *.mai
cd ..
del aria_log.????????

これで XAMPP Control Panel の MySQL の Start を押すと、

17:14:09 [mysql] Attempting to start MySQL app...
17:14:09 [mysql] Status change detected: running

ダメだった場合は、さらに

del *.00????
del *.info
del *.index

を試してみる。del *.* でもいいかもしれない。(つまり \xampp\mysql\data のファイルを消す(サブフォルダは残す))。

私の場合には、Windowsのリブート後に起きることが多い。DBのatomicな更新の途中で強制終了が起きると、一貫性が保持できなくなってしまうのだろうか。

しらふで生きる酒を断ち見えるものとは

酒を飲めるが、あえて飲まないという人が増えている。米国では「ソバーキュリアス(飲まないことを好む)」という。なぜ人は酒と距離を取り始めたのか。

苦闘書いた本人気

作家の町田康さん(58)は約30年間、ほぼ毎日飲んできた酒を、2015年末に断った。昨年秋には「濁酒地獄」から抜け出した苦闘の日々をコミカルに書いたエッセー「しらふで生きる」(幻冬舎) を発表。これが9刷3万8千部と売れている。担当編集者は読者カードの感想などから、「お酒をやめたい人がこんなに多いんだと実感した」という。

断酒は、どう生きるかという人生哲学と切り離せない。町田さんは、「常識を疑いたい」という思いから出発した。「正月だから普通飲むでしょうとか、そういう常識を疑ってみたかった」

酒をやめたことで、創作の際の複雑な思考もより粘り頭くできるようになったほか、犬や猫の世話や部犀の掃除といった「雑事」も楽しく感じられるようになったという。「あくまでも体感ですが」

快楽より効率重視

近年、アルコール離れは進んでいる。国税庁の調べでは、酒類の消費量は1996年度の約966万キロリットルから17年度の約837万キロリットルまで低下。厚生労働省の調査では、「ほとんど飲まない・飲めない」人の割合は07年と17年を比べると、20代男性が約4割から約5割、30代男性が約3割から約4割へ増えた。週3日以上飲酒する「飲酒習慣」のある人は20代男性で97年に31%いたが、17年には16%まで下がった。

米国でも、80年以降に生まれたミレニアル世代を中心に酒を飲まない生き方に注目が集まる。

ニッセイ基礎研究所の久我尚子・主任研究員は「ミレニアル世代は効率を重視する傾向が強い。酒による快楽と、費やされる時間やお金の大きさ、自己を制御できなくなるデメリットなどを比較し、コストパフォーマンスが低い娯楽と判断しているのでは」とみる。

ベストセラー「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」で物を持たない生き方「ミニマリズム」のブームを起こした元編集者の佐々木典士さん(40)も3年前に酒を断った。早起きがしやすくなり、午前5時からヨガや執筆をする規則正しい生活を送ってきた。「激減した喫煙者のように、飲酒をする人は末来には少数派になっていく」と佐々木さんはみる。

仕事に専念したいという理由で酒を断つ人もいる。日本電産の創業者で会長の永守重信さん(75)は大のビール好きだったが、45歳で断酒した。「断酒を続けており健康です」(広報部)という。

やめるコツも提案

ストレス発散などで飲みたい時にはどうしたらいいのか。町田さんは「自分を普通以下のアホ」と捉え直す「認識改造」を提案する。酒を飲む理由の―つに、「このえらいオレがなんで報われぬのか」という不満の解消があるため、最初から「自分は普通以下のアホ」と考えることで不満を持たないようにできる、というのだ。

「いや自分は普通以上に賢い」と思う人も、「普通」の水準を高めに設定すれば、「普通以下のアホ」と謙虚になることができ、うっぷんもたまらなくなる。そして究極的には「他人と比較すること自体をやめる」のがいいという。(赤田康和)

お酒を飲まない人が増えている背景は?

  • 健康志向の高まり
  • 低成長時代ゆえの節約志向
  • 自己管理欲求の高まり
  • 飲みニケーションの価値の低下


ニッセイ基礎研究所の久我尚子主任研究員の分析による

朝日新聞 2020年2月11日(水)

Luxeritasのメニューが英語になってしまう問題

デザインテーマには、Luxeritas を使っているのだが、いつ頃からか、WordPressの設定メニューのLuxeritasの項目が「全部英語」になってしまった。

どこかに設定項目があるのかと探してみたが、WordPressの言語設定([設定]→[一般]にあるやつ)が反映されるはずで、特にLuxeritas固有の言語設定は見当たらなかった。

ネットで検索すると「KUSANAGIの翻訳アクセラレーター」という話が見つかるが、これは関係ない。

設定メニューが英語になるだけなら自分が我慢すれば良いが、ブログエントリのコメント関係も英語になっていた。それだと放置もしづらい。

Luxeritasのコードをみても、get_locale()の付近は常識的なコードばかりだ。

すっかり原因が分からなくなり、途方に暮れていたが、ちゃんと動作している(設定が日本語のままの)Luxeritasのサイトもあるので、そことフォルダの中身を比較してみた。・・・結果、wp-content/themes/luxeritas/languages フォルダが存在していなかった。*.po *.moファイルがなければ日本語が表示できるわけがない。

languageフォルダをコピーしたらちゃんと日本語に戻った。そのフォルダが消えてなくなっていた原因は皆目見当も付かないが、とりあえず解決したということで。

WordPress高速化の試み

速度計測や調査に使ったサイト

PageSpeed Insights
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/?hl=ja

WEBPAGETEST
https://www.webpagetest.org/


余分なCSS読み込みを削る

wp-includes/css/dist/block-library/style.min.css
wp-includes/css/dist/block-library/theme.min.css
 Luxeritasの設定:WordPressのブロックライブラリ用CSS→CSSをHTMLに埋め込む、で埋め込みに

wp-content/themes/luxech/style.min.css
 Luxeritasの設定:テーマのCSSをHTMLに埋め込む→ON、で埋め込みに

wp-includes/css/dashicons.min.css
 How to remove dashicons.min.css from frontend?
 https://wordpress.stackexchange.com/questions/161476/how-to-remove-dashicons-min-css-from-frontend/161482
 functions.php にコードを追加し、ログインしていないときには読み込まないように変更

Formzuプラグインの削除(インラインフレームの埋め込みに変更した)

Autoptimzeプラグインの採用
 CSSやJSをまとめて読み込むようにした。


その他(Luxeritasの設定)

 子テーマの Javascript ( luxech.js ) を読み込まない→ON
 WordPress の絵文字用スクリプトを読み込まないようにする
 アイコンの読み込み方法→SVG with JavaScript ( SVG で表示 )を選択
 Javascript の読み込み元→CDN


参考サイト:
Yomerumoのスマホページの表示速度が約半分にまでなった話

MovableTypeのメンテナンス用情報

サーバー移転に伴って、いろいろ面倒だったので、後々のためのメモを書いておきます(自分用)。