ヤマアラシのジレンマ

Das Dilemma der Stachelschweine - 「心の家路」のブログ

Windows 10 20H2で従来版Edge(Edge Classic)を使う。

Windows 10 の 20H2 からは従来版Edge(Edge Classic)が使えなくなってしまいました。いまどきEdge Classicを使いたい人は少ないでしょうが、20H2にアップデートしてから「しまった!」と思っている御仁もいるようで、僕もその一人です。『心の家路』がEdge Classicでもきちんと表示されるか確かめておきたいものですから。

しかしネットを検索してみても、Chromium Edgeとの共存のネタばかり表示されて、20H2で従来版を起動するノウハウは見つかりません。やむなく英語で検索してみたら、Microsoft Edge Insider の Discussions で見つかりました。

Microsoft Edge Legacy
https://techcommunity.microsoft.com/t5/discussions/microsoft-edge-legacy/m-p/1621710

nikhilk0 という人物の2020年8月31日の投稿に、

I, too, faced this issue on my 20H2 machine after Edgium stable 85 update. The only workaround I found, for now, is to delete BrowserReplacement key value at 'Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062}' in registry. The only downside is that you have to delete this key each time Edge Chromium gets an update. Please proceed with caution with registries. I'm not responsible for any damage. If anyone has better solution I would be happy to try.

つまり、\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062} というレジストリキーを削除すればいいわけだ(やってみたら、ちゃんと従来版Edgeが起動しました)。

ただし、Chromium Edgeが更新されるたびにこのキーを削除しなければなりません。

毎回レジストリエディタを起動しなくても、管理者として実行したコマンドプロンプトから

reg delete HKLM\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062} /v BrowserReplacement /f /reg:32
reg delete HKLM\SOFTWARE\Microsoft\EdgeUpdate\ClientState\{56EB18F8-B008-4CBD-B6D2-8C97FE7E9062} /v BrowserReplacement /f /reg:64

とやればオーケー。/f はYes/Noの確認を省くオプション。/reg:32 と /reg:64 は、実行しているWindowsが32bit版か、64bit版かによる差を吸収するものです。両方記述したバッチファイルにしとけばいいかも。

コメントする