五つの短い章からなる自叙伝

from LIBRESHOT by Martin Vore, CC

第1章

私は通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
私は落っこちる。
私はどうしたらいいのかわからない、・・・どうしようもない。
これは私の間違いじゃない。
出方がわかるまでものすごく時間がかかる。

第2章

私は同じ通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
私はそれを見ないふりをして、
またまた落っこちる。
また同じ場所にいるのが信じられない。
でも、これは私の間違いじゃない。
やはり出るのにずいぶん時間がかかる。

第3章

私は同じ通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
それがあるのが見える。
それでも私は落っこちる、・・・これは私の|習癖《くせ》だ。
私の目は開いている。
自分がどこにいるのかわかる。
これは私のしたことだ。
すぐそこからでる。

第4章

私は同じ通りを歩く。
歩道に深い穴がある。
私はそれを|避《よ》けて通る。

第5章

私は別の通りを歩く。

作/ポーシャ・ネルソン 訳/深沢道子 1)


AUTOBIOGRAPHY IN FIVE SHORT CHAPTERS

CHAPTER ONE

I walk down the street.
There is a deep hole in the sidewalk.
I fall in.
I am lost … I am helpless.
It isn’t my fault.
It takes me forever to find a way out.

CHAPTER TWO

I walk down the same street.
There is a deep hole in the sidewalk.
I pretend I don’t see it.
I fall in again.
I can’t believe I am in the same place.
But, it isn’t my fault.
It still takes a long time to get out.

CHAPTER THREE

I walk down the same street.
There is a deep hole in the sidewalk.
I still fall in … it’s a habit … but,
I see it is there.
my eyes are open.
I know where I am.
It is my fault.
I get out immediately.

CHAPTER FOUR

I walk down the same street.
There is a deep hole in the sidewalk.
I walk around it.

CHAPTER FIVE

I walk down another street.

by Portia Nelson 2)


付記

ポーシャ・ネルソン(Portia Nelson, 1920-2001)は多才な女性だったようです。まずは女優として『サウンド・オブ・ミュージック』ほか数々の映画に出演し、テレビ番組でも長年レギュラーを務めました。同時に作家、作詞・作曲家、絵描き、写真家でもありました。

書籍 There’s a hole in my sidewalk: the romance of self-discovery は1977年に出版され、後にポーシャ自身の作詞・作曲・振付けによってミュージカルとしてマンハッタンで上演されました。1988年に再版され人気を博すものの、やがて入手困難となり、冒頭の詩『五つの短い章からなる自叙伝』のみが世界中に広がりました。

現在、この詩は主に交流分析(TA)3)をやる人たちに特に好まれているらしく、ネットで検索すると、深沢道子という交流分析の方の手による翻訳が主に見つかります。それをそのまま使わせて頂きました。


書籍


人物

(初掲載:2007-10-28)


  1. イアン・スチュアート, ヴァン ジョインズ(深沢道子訳)『TA TODAY―最新・交流分析入門』, 実務教育出版, 1991, amazon.jp []
  2. Portia Nelson, There’s a hole in my sidewalk: the romance of self-discovery, Beyond Words Publishing, 1993, amazon.jp []
  3. 交流分析(Transactional Analysis):1950年代にアメリカの精神科医、エリック・バーン博士によって創始された、精神分析に基礎を置く力動的視点を持つ心理学。―― 交流分析とは – 日本交流分析学会 (js-ta.jp), 2017/11/10 []

2019-11-10

Posted by ragi