日々雑記「たったひとつの冴えないやり方」の続き。

「アレルギー」という理解しづらいキーワードはどんな意味なのか。

「アルコホーリクの肉体が、精神と同様に異常だ」という部分。

「医師の意見」には何が書かれているのか。なぜ読み飛ばしてはならないのか。

iPhone情報御礼、脚注について、そしてガラケー対応について。

「再版にあたって」やっと終わります。

AAがどのようにして一般社会に受け入れられていったか。

なぜビッグブックが書かれたのか。そして、印刷物であることの意義について。

ビル・Wはドクター・ボブに何を語ったのか。そしてボブに起きた変化とは。

AAはどのように始まったのか(その2)

AAはどのように始まったのか(その1)

どんな人が『家路』を見に来ているのか。それと、iPhoneだと表示が遅い件。

募集人員に達するまで若干名の余裕があり、引き続き申し込みを受け付けているそうです。