機能の全体的評定(GAF)尺度

The Global Assessment of Functioning – GAF Scale

精神的健康と病気という1つの仮想的な連続体に沿って、心理的、社会的、職業的機能を考慮せよ。身体的(または環境的)制約による機能の障害を含めないこと。

(注:例えば、45、68、72のように、それが適切ならば、中間の値のコードを用いること)

コード 重症度 機能のレベル
100-91 症状は何もない。 広範囲の行動にわたって最高に機能しており、生活上の問題で手に負えないものは何もなく、その人の多数の長所があるために他の人々から求められている。
90-81 症状がまったくないか、ほんの少しだけ(例:試験前の軽い不安)。
生活に大体満足し、日々のありふれた問題や心配以上のものはない(例:たまに、家族と口論する)。
すべての面でよい機能で、広範囲の活動に興味をもち参加し、社交的にはそつがない。
80-71 症状があったとしても、心理的社会的ストレスに対する一過性で予期される反応である(例:家族と口論した後の集中困難)。 社会的、職業的または学校の機能にごくわずかな障害以上のものはない(例:学業で一時遅れをとる)。
70-61 いくつかの軽い症状がある(例:抑うつ気分と軽い不眠)。 社会的、職業的、または学校の機能に、いくらかの困難はある(例:時にずる休みをしたり、家の金を盗んだりする)が、全般的には、機能はかなり良好であって、有意義な対人関係もかなりある。
60-51 中等度の症状(例:感情が平板的で、会話がまわりくどい、時に、パニック発作がある)。 社会的、職業的、または学校の機能における中等度の障害(例:友達が少しかいない、仲間や仕事の同僚との葛藤)。
50-41 重大な症状(例:自殺念慮、強迫的儀式が重症、しょっちゅう万引する)。 社会的、職業的、または学校の機能において何か重大な障害(友達がいない、仕事が続かない)。
40-31 現実検討かコミュニケーションにいくらかの欠陥(例:会話は時々非論理的、あいまい、または関係性がなくなる)。 仕事や学校、家族関係、判断、思考または気分など多くの面での重大な欠陥(例:抑うつ的な男が友人を避け家族を無視し、仕事ができない。子どもが年下の子どもを殴り、家庭では反抗的であり、学校では勉強ができない)。
30-21 行動は妄想や幻覚に相当影響されている。または、意思伝達か判断に粗大な欠陥がある(例:時々、滅裂、ひどく不適切にふるまう、自殺の考えにとらわれている)、 ほとんどすべての面で機能することができない(例:一日中床についている、仕事も家庭も友達もない)。
20-11 自己または他者を傷つける危険がかなりあるか(例:死をはっきり予期することなしに自殺企画、しばしば暴力的になる、躁病性興奮)。
または、コミュニケーションに重大な欠陥(例:ひどい滅裂か無言症)
時には最低限の身辺の清潔維持ができない(例:大便を塗りたくる)。
10-1 自己または他者をひどく傷つける危険が続いている(例:暴力の繰り返し)、または、死をはっきりと予測した重大な自殺行為。 最低限の身辺の清潔維持が持続的に不可能。
0 情報不十分。

— APA (2000) 1)


以下は僕です。

精神の「健康」と「病気」の間に境界はなく、連続体であると考えられます。

1962年にLuborskyらによって、健康と病気の間を0~100の数字で評価する方法が開発されました。改定を経て、1987年アメリカ精神医学会の精神疾患の診断基準マニュアル(DSM)に取り入れられ広まりました。

重症度(病気の症状)と機能レベル(社会や職業上で果たす役割)のふたつを評価し、どちらかの低い方のコードを使うことになっています。18歳未満にはC-GAS尺度を用います。

DSM-5では、GAFに代わってWHODAS(世界保健機関能力低下評価尺度)が採用されました。

付記

掲示板に「精神の健康とは何か」という質問があったことがきっかけで掲載した記事です。精神の健康と不健康の間に線を引けるのか、という問いに対しては、明確な境界線は引きようがない、というのが答えになりましょう。

(初掲載:2006-5-20)


  1. APA 『DSM-IV-TR 精神疾患の分類と診断の手引』, 医学書院, 2003, pp.43-44 []

2019-11-11

Posted by ragi