ビッグブック

ビッグブック – Big Book

ビッグブック
― 日本語ポケット版

AAの基本テキスト『アルコホーリクス・アノニマス』のニックネーム。原書名は Alcoholics Anonymous。略してBBとも。

「幾万もの、実にたくさんの人びとがアルコホリズムから回復した。本書は彼らがどのように回復したかを語るものである」(The Story of How Many Thousands of Men and Women Have Recoverd from Alcoholism)という副題が付けられているが、日本語版では書名の一部として扱われていない。

前半は、アルコホリズムからの回復プログラムである12ステップを解説している各章からなっており、後半は、このプログラムによって回復した人たちの体験記を収録している。現在は英語版で42編、日本語版では12編が収録されている(判型によっては、体験記の大半が割愛される)。

ニューヨークのメンバーが1937年にオックスフォード・グループから分離した後、この集団には正式な名称がなく、自分たちをときに「無名のアルコホーリクの集まり(nameless bunch of alcoholics)」と称していたが、本書の書名が Alcoholics Anonymous に決まったことで、共同体の名称も Alcoholics Anonymousアルコホーリクス・アノニマス となった。1)

この本には「ビッグブック」というニックネームがつけられた。ビル・Wによると、初版の価格は$3.5(2018年の日本円に換算すると約7,200円 2))と高価な本であったために、「買い手に、値段に見合う重さの手ごたえで納得してもらおうという発想」で、印刷工場にあった一番分厚い紙で印刷するよう指示した。このため、非常に分厚い本になったからだという。3) また厚い紙を選んだのは、アルコホーリクが離脱で震える手でこの本を読むときにページがめくりやすいと考えたという理由もあった。4)

原著の初版は1939年4月10日に出版され、最初の100万部を売るには36年を要したが、現在では毎年100万部以上が販売されている。2011年には、TIME誌が All Time 100 Best Non-fiction Books の一冊に選んだ。

日本語版の初版は1979年に出版され、現在は年間三千部以上を売り上げている。

日本のAAミーティングで最も読まれている「ミーティング・ハンドブック」は、ビッグブックの一部を抜き出したもので、国内の施設で使われていたものが原型である。海外のAAミーティングではこうしたハンドブックが使われることは少なく、ミーティング・ハンドブックは日本のAA独自の文化と言える。

アルコホーリクス・アノニマス
AAの出版物の入手法

外部リンク:
amazon.jp (日本語版ハードカバー)
amazon.jp (英語版ハードカバー)


  1. AACA, p.258-259 []
  2. Morgan Friedman, The Inflation Calculator (westegg.com) にて計算して得た$64.02を、$1=112円で換算した。 []
  3. AACA, p.259 []
  4. AA, Pass It On: The story of Bill Willson and how the A.A. message reached the world, AAWS, 1984, p.205 []
同義語:
BB, Big Book
« 小辞典索引へ戻る

2019-11-27

Posted by ragi