ビル・W

ビル・W – Bill W.

ビル・W
ビル・W1)
William Griffith Wilson(1895-1971)。ビル・ウィルソン(Bill Wilson)とも。

AAの共同創始者であり、自らがアルコホリズムから回復しただけでなく、その原理を12のステップとしてまとめ、ビッグブックという書籍として出版した。AA共同体の発展において中心的な役割を果たした人物である。1934年12月から1971年1月に亡くなるまで36年余りソブラエティを保った。

以下、出典の明記のない情報は Pass It On2) および『AA成年に達する』3)より。

1895年にアメリカのヴァーモント州イースト・ドーセットに生まれた。父方の祖父はアルコホーリクであったが宗教的体験をした後は一切酒を飲まなかった。4) 父親も大酒家だった。両親が離婚し、母親が勉学のために家を離れたため、ビルは妹ドロシーとともに母方の祖父母に育てられた。母方の家系は教師や判事が多く、一家は酒に厳格だった。

高校時代に校長の娘と恋愛関係になったが、手術で彼女が急死し、その後抑うつに陥った。後にビルのスポンサーになるエビー・Tと一年間同級生となった。

ドーセットの南のマンチェスターは保養地であり、夏に避暑に訪れる「サマーピープル」の中に、後の妻であるロイス・バーナムやエビーがいた。

ビルはノーウィッチ陸軍大学に進んだが、抑うつとパニック障害で休学した。復学するもアメリカが第一次世界大戦に参戦したため、ヴァーモント州軍に招集された。軍事訓練中に招かれた市民の家でビールを飲んだのが初めての飲酒だった。ヨーロッパに派遣される前にロイスと結婚。復員後、夫婦はニューヨークに移り、ビルは法律学校に通ったが、飲酒が原因で卒業できなかった。

ビルはウォール・ストリートで株式調査員の仕事を得た。1920年代の好景気もあり、株式ブローカーとして経済的に成功した。だが飲酒の問題は悪化を続け、1929年の大暴落で破産した後は、仕事らしい仕事はできなくなり、生活はロイスが働いて支えた。

1933年秋、ニューヨークのチャール・B・タウンズ病院に入院。ウィリアム・シルクワース医師からアルコホリズムの治療を受け、その理論を知らされた(これが後に12ステップのステップ1となった)。だが、それだけでは退院後の彼の断酒は長く続かず、翌34年の夏に再度入院。この時、妻のロイスはシルクワース医師から、ビルを監禁しなければ、遠からず死ぬか気が狂うかどちらかになるだろうと教えられた。

ビルは11月の終わりに、かつての飲み友達エビー・Tの訪問を受けた。エビーもアルコホーリクだったが、オックスフォード・グループのメンバーに助けられて酒をやめており、エビーの訪問はそれを飲酒中のビルに伝えるためであった。ビルはエビーから、霊的体験がアルコホーリクを救いうるというカール・ユング医師からの情報(後のステップ2)、それを得るためのオックスフォード・グループのプログラム(後のステップ3~12)を知らされた。

12月になり、最後の入院をしたビルは、病室の中で white lightホワイト・ライト あるいは hot flashホット・フラッシュ と彼が表現する霊的体験を得た。翌日、ウィリアム・ジェームズの『宗教的体験の諸相』5)を読んだ彼は、自分の経験したものががユングの言う回心の体験だと確信し、エビーと協力して他のアルコホーリクを助ける活動を始めた。だが、半年ほどはまったく成果が得られなかった。

翌35年5月、ビルは仕事で訪れたオハイオ州アクロンで、アルコホーリクのドクター・ボブと出会った。ボブはすでにオックスフォード・グループに加わっていたが、そのプログラムを実践できずに飲み続けていた。ビルから話を聞いたボブは、プログラムに取り組んで断酒に成功した。

その後、ビルはニューヨークで、ボブはアクロンで、オックスフォード・グループの中で酒をやめたアルコホーリクの一団を作っていったが、やがて彼らはオックスフォード・グループから分離してアルコホーリクス・アノニマス(AA)という団体となった。

ビルはAAの共同創始者として、GSOのマネージャーとしてAAの発展に尽力したが、しばしば深い抑うつに見舞われた。AAが20周年を迎えた1955年にはその任を降りた。

晩年までタバコをやめず、喫煙が原因の肺気腫で1971年1月24日に亡くなった。

主な著書にビッグブック(1939)、『12のステップと12の伝統』(1953)、『アルコホーリクス・アノニマス 成年に達する』(1957)、Twelve Concepts for World Service(1962)がある。また AA Grapevine 誌に多くの記事を書き、後に書籍にまとめられている。

ビルの飲酒と回復についての体験記は、ビッグブックの第一章と『成年に達する』の第二章の「回復」のセクションに書かれている。

子孫はない。妹の夫レオナード・Ⅴ・ストロング二世医師(Dr. Leonard V. Strong, Jr., 1899-1989)は初期のAAの理事を務めた。

1999年、TIME誌は、Time 100: The Most Important People of the Century6) の一人にビル・Wを選んだ。

無名性(アノニミティ)について

外部リンク:
Bill Wilson, Co-Founder of Alcoholics Anonymous (geni.com)


  1.  []
  2. PIO []
  3. AACA []
  4. Susan Cheever, My Name is Bill, Bill Wilson – His Life and the Creation of Alcoholics Anonymous., Washington Square Press, 2004, p.17 []
  5. William James, The Varieties of Religious Experience, 1901-02 ―― ウィリアム・ジェイムズ(桝田啓三郎訳)『宗教的経験の諸相』, 岩波書店, 1969/1970 []
  6. One Century, 100 Remarkable PeopleTime (time.com), TIME USA. ―― ビルは Heros & Icons の項にある。 日本語訳は、徳岡孝夫訳『Timeが選ぶ20世紀の100人 下』 アルク, 1999。 []
同義語:
Bill W, ビル・W, ビル・ウィルソン, Bill Wilson
« 小辞典索引へ戻る

2019-11-27

Posted by ragi