ウィリアム・D・シルクワース

ウィリアム・D・シルクワース — William D. Silkworth

William D. Silkworth
— from AACA

William Duncan Silkworth(1873-1951)、アメリカの医師。

1930年代にニューヨークのチャールズ・B・タウンズ病院に勤務し、AAの共同創始者ビル・Wを治療した。シルクワースがビルに教えたアルコホリズムの疾病概念が、後のAAの12ステップのステップ1の基礎となった。医療関係者としては最初のAAの支持者であり、その発展を支えた人物である。

以下、出典の明記のない情報は The Roundtable of AA History1) より。

1896年にプリンストン大学 で学士を取得、1899年にはニューヨーク大学 ベルビュー医科大学院を卒業、ベルビュー病院(Bellevue Hospital)でインターンシップを過ごした。

1919年から29年まで、マンハッタンの長老派病院の神経学研究所(Neurological Institute of Presbyterian Hospital)で次席医師として働いていた。

1920年代にはクリニックを開業し、さらに新しく設立される病院の株式予約に資金をつぎこんだ。その投資は彼にその病院での地位を約束してくれるはずだったが、1929年の大暴落で投資は無駄になり、自分のクリニックも失ってしまった。2)

タウンズ病院:
シルクワースがチャールズ・B・タウンズ病院で働き出した時期については資料により違いがある。タウンズ病院は1901年に設立された病院で、金持ちが酒を抜く病院として知られていた。アメリカの富裕層、ヨーロッパの王族、中東の石油王などが利用していた。だが週給で働くシルクワースの「賃金は気の毒なほど安く、週に40ドル、食事付き」だった。2) それはデパートに勤めていたロイスの倍にすぎなかった。シルクワースは、ビルが現れる以前は、自分の治療によって実際に回復したアルコホーリクは約2パーセントにすぎなかったと評価した。3)

タウンズ病院の広告
タウンズ病院の広告 — from New York Times4)

ビル・Wの治療:
1933年秋にタウンズ病院に入院したビル・Wは、シルクワースからアルコホリズムの疾病概念を学んだ。それは後にAAの12のステップのステップ1の基礎となった。

ビルは1934年12月に入院した数日後に、病室の中で white lightホワイト・ライト あるいは hot flashホット・フラッシュ と彼が表現する劇的な体験をした。シルクワースにしてみれば、それは薬物療法が引き起こした幻覚あるいは精神錯乱だと説明した方が楽だったであろう。なぜなら、タウンズ病院でアルコール解毒に使われていたベラドンナ は一部の患者に幻覚とせん妄を引き起こすことが分かっていたからだ。だが彼はそう説明せずにビルの話を聞き、それが回心の体験であり、そうした体験によってアルコホリズムからの解放が起こりうると説明してビルを安心させた。5)

ビルは他のアルコホーリクを助ける活動を始めたが、オックスフォード・グループの教義とホットフラッシュの話ばかりするために人びとから敬遠され、失敗を繰り返していた。シルクワースは、アルコホーリクに説教をするのではなく、身体のアレルギーと精神の強迫観念という説明を使うようにビルにアドバイスをした。それに従ったビルが、最初に成功した相手がドクター・ボブだった。6)

AAの支援者として:
シルクワースは職業上のリスクを冒しても、AAメンバーがタウンズ病院の入院患者に接触できるように計らった。また、ビッグブックに寄稿した文章が「医師の意見」として掲載された。さらに彼は、ビッグブックの出版資金を貸し付けるように病院の経営者のチャールズ・B・タウンズ(Charles B. Towns, 1862-1947)を説得した。

1945年には、シルクワースはアッパー・マンハッタンのニッカーボッカー病院(Knickerbocker Hospital)にアルコール病棟を作り、6年後に亡くなるまでその責任者を務めた。タウンズ病院よりも安価な治療を提供することが目的だった。彼はそこで、AAメンバーの看護師ティディー・R(Teddy R.)を助手として、約7千人のアルコホーリクを治療し、その多くが回復した。

ビル・Wはシルクワースの退職後の生活を支えるために、ニューハンプシャー州ダブリン近くの回復施設ビーチヒル(Beech Hill)での仕事を用意した。だがシルクワースはその職に就く前の1951年3月に心臓発作で亡くなった。77歳あるいは78歳だった。ビルは未亡人の生活のために25,000ドルの基金を募った。

ビルを初めて治療し、ビルのタウンズ病院での体験の間、ずっと彼とともにいた。“シルキー”は、最初のころの私たち自身よりも、もっと私たちの集まりを信頼してくれた。まだ世に知られていなかったころに、博士は私たちを勇気づけ、世間に推奨してくれた。また、この病気の本質である「身体的アレルギーと精神的強迫」という知識を与えてくれた。AAの回復のプログラムの発展に無くてはならない貢献をした人である。この“優しい小柄な先生”は、その生涯に四万人のアルコホ-リクの治療をした。
— AACA7)

論文:
“Alcoholism as a Manifestation of Allergy,” Medical Record, March 17, 1937
“A New Approach to Psychotherapy in Chronic Alcoholism,” The Jurnal-Lancet8) Vol 46, July, 1939 —「慢性アルコホリズムの精神療法への新しいアプローチ」AACA, p.456

外部リンク:
William Duncan Silkworth
Dr William Duncan Silkworth (findgrave.com)


  1. Mike O., The Roundtable of AA History – Silkworth.net, Silkworth.net, 2001 []
  2. PIO, p.101 [] []
  3. Ernest Kurtz, Not-God: A History of Alcoholics Anonymous, Hazelden Publishing, 1979, p.22 []
  4. Horward Markel, An Alcoholic’s Savior: God, Belladonna or Both?New York Times, New York Times, 2010-4-19 []
  5. ウィリアム・L・ホワイト(鈴木美保子他訳)『米国アディクション列伝 アメリカにおけるアディクション治療と回復の歴史』, ジャパンマック, 2007, pp.127-128 []
  6. AACA, pp.101-103 []
  7. AACA, 「草創期の人と場所」ページ []
  8. 有名な医学雑誌のThe Lancet(出版社はオランダのElsevier)とは別の雑誌(出版社はミネアポリスのLancet Publications)である。 []
同義語:
Silkworth, シルクワース
« 小辞典索引へ戻る

2020-02-24

Posted by ragi