ビッグブックのスタディ(5) 再版にあたって 2

うまくいかないビル・Wの人助け

「再版にあたって」の続き、p.xx (20)の11行目から:

 アクロンに行く前、ブローカーは、他のアルコホーリクを助けられるのはアルコホーリクだけであるという考えを持って、大勢のアルコホーリクたちと懸命にかかわったのだが、できたのは自分自身がどうにか飲まずに過ごせたということだけだった。

1934年12月中旬、病院を退院したビル・ウィルソン(ブローカー)はオックスフォード・グループの集会に出るようになりました。そして伝道所や病院でアルコホーリクを見つけては酒をやめさせようとしましたが、うまくいきませんでした。彼は当時のことを振り返って、こう語っています:

Something like a religious crank, I was obsessed with the idea that everybody must have a “spiritual experience” just like mine. I forgot that James had said that there were many varieties of the transforming experience. My brother alcoholics just stared incredulously or joshed me about my “hot flash.” 1)


私は宗教狂いになったかのように、誰もが自分のような「霊的体験」をしなければならない、という考えに取り憑かれていました。そうした変化の体験は実に多様である、と(ウィリアム・)ジェームズが言ったことを、私は忘れていたのです。私の「ホットフラッシュ」の話を聞くと、アルコホーリクたちは唖然として私を見つめるか、冷やかしの言葉を返すばかりでした。(拙訳)

どうがんばっても誰の酒もやめさせることができない、とビルが嘆くと、妻のロイスは「このプログラムは一人のアルコホーリクにはっきりとした効果が出ている」と言って、ビル自身の酒がとまっていることを気づかせたのでした。2)

ビルから相談を受けたシルクワース医師は、「彼らに説教するのはやめて、医学的な事実を伝えなさい」とアドバイスしました。その事実とは、アルコホーリクは医学的に絶望的(hopeless)であるということです。3)

仕事のためにアクロンへ

ところでこの時のビルは無職であり、ロイスがデパートで働いて生計を立てていました。「ビルはどうして働かないのだ?」とオックスフォード・グループの人たちから言われるようになり、ビルは株式ブローカーをしていた頃のウォール・ストリートの知り合いを介して、オハイオ州アクロンの小さな会社の経営権争いに加わりました。4)

Akron
— from Google Map

インターネットで「アクロン」と検索すると、洗剤がトップに表示されます(それはAcron)。ですが、このアクロン(Akron)は人口20万人ほどのアメリカの市の名前です。五大湖のすぐ南にあり、上の地図を見るとアメリカの中ではずいぶん東寄りのところにあるのがわかりますが、ビッグブックではここは「西部」と呼ばれています。(BB, p.23, 223, 236, 245)5)

アクロンは当時はゴムとタイヤの産業が集積した都市でした。現在世界の三大タイヤメーカーと言えば、グッドイヤー (米)、ブリヂストン (日)、ミシュラン (仏)ですが、グッドイヤーの本社は現在でもアクロンにあります。他にファイアストン というタイヤメーカーがありましたが、今はブリヂストンに買収されています。またグッドリッチ という会社もありましたが、ミシュランに買収されています。これらがすべてアクロンに集まって「ゴムの都」と呼ばれる工業地帯を作っていました。

そのアクロンに National Rubber Machinery Company という工作機械の会社がありました。日本語に訳すと「ナショナルゴム機器」でしょうか。この会社を買収しようとプロキシー・ファイト(委任状争奪戦)が始まっており、もしビルの加わった一派が勝てば、ビルにはこの会社の取締役(あるいは社長)の地位が約束されていました。ロイスが親から受け継いだ家は、ビルの破産によって抵当に取れられていましたから、それを取り戻すチャンスでもあったわけです。6)

Mayflower Hotel - Akron, Ohio
Mayflower Hotel, Akron Ohio — from Waymarking.com

1934年4月、ビルたちはアクロンに乗り込んでいきました。しかし5月には、この買収計画は失敗に終わり、ビル以外の人たちはニューヨークに帰ってしまいました。

仕事の失敗と再飲酒の危機

彼らが泊まっていたのはメイフラワー・ホテルというアクロンで一番の高級ホテルでしたから、滞在費用がかさんだことでしょう。

Church Directory in the lobby of Mayflower Hotel
教会の住所録 — DBGO

ビルの財布の中には10ドルしかなく、ホテルの支払いにも足りなかったので、どうしたものかとロビーをうろうろしていると、突き当たりにバーがあるのが目に入りました。自分が酒を飲もうとしているのに気づいたビルは、これまでの経験から再飲酒を避けるには、誰か他のアルコホーリクを助けなくてはならないと考え、ロビーの電話の脇にあった教会の住所録のなかから、ウォルター・タンクス牧師(Reverend Walter Tunks, 1887-?)を選んで電話をかけました。

アクロンのオックスフォード・グループとの接触

アクロンはオックスフォード・グループの活動が盛んな場所でした。ファイアストンの創業者社長の息子はアルコホーリクでしたが、オックスフォード・グループの会員の助けを得て酒をやめました。それに感謝した創業者は、1933年1月にブックマン他60人をアクロンに招いて、10日間のキャンペーンを行いました。これがアクロンのキリスト教社会に影響を与え、オックスフォード・グループは多くの会員を獲得しました。この創業者の息子がふたたび飲酒に走ったことで、会員たちは面目を失ってしまうのですが、それでも現在のAAのような毎週のミーティングがあちこちで開かれていました。7)

Walter Tunks
Walter Tunks — DBGO

タンクス師もオックスフォード・グループの支持者になっていたので、ビルの用件をすぐに理解してくれ、アルコホーリクを知っていそうな10人の名前と電話番号を教えてくれました。その中の一人ノーマン・シェパード(Norman Sheppard)という男性がヘンリエッタ・サイバーリングHenrietta Buckler Seiberling, 1888-1979)という女性を紹介してくれました。ヘンリエッタには「深刻な飲酒問題を抱えた友人」がいるので、ぜひ彼女に電話した方が良いと勧めてくれたのです。(AAの本ではサイバーリングと読んでいますが、セイバーリングという読みの方が一般的でしょう)

ですが、ビルは電話するのをためらいました。彼はウォール・ストリートにいたころの知識で、グッドイヤーの創業者社長がフランク・サイバーリング(Frank Seiberling)であることを知っており、ヘンリエッタはその妻ではないか推測したからです。

わきみちグッドイヤーは、日本で言えばブリヂストンのような大きな会社です。その創業者と言えば、久留米でブリヂストンやアサヒ靴を創業し、石橋財閥を築き上げた石橋正二郎 のような存在です。(ちなみに政治家の鳩山兄弟は正二郎の孫だ)。その家にいきなり「私は東京から来たアル中ですが・・・」と電話をかけることを考えれば、ビルのためらいも理解できるでしょう。
Gate House of Henrietta Seiberling
ヘンリエッタ・サイバーリングの居宅。ここでビル・Wとドクター・ボブが最初に出会った。DBGO

ともかく、もう一人のアルコホーリクの存在を知っただけで、バーに行きたいというビルの衝動は治まりました。ビルはためらったあげく、その日の遅くヘンリエッタに電話をかけました。彼女はフランク・サイバーリングの妻ではなく、義理の娘でした。サイバーリングの息子と離婚したために邸宅からは追い出されてしまったものの、広大な敷地のはずれの小さな門番小屋ゲートハウスを与えられ、そこで子育てをしていました。彼女の「深刻な飲酒問題を抱えた友人」がドクター・ボブだったのです。8)

ドクター・ボブを手助けしていた人たち

Henrietta Seiberling
Henrietta Seiberling — from Wikimedia

ドクター・ボブは妻のアンに促されて、すでに2年半オックスフォード・グループのミーティングに通っていました。しかし彼がそこで自分の飲酒の問題を打ち明けることはありませんでした。ビルの電話の一、二ヶ月前には、ヘンリエッタがドクター・ボブの飲酒問題を知り、友人のウィリアムズ夫妻(T. Henry and Clarace Williams)の家でボブのための特別なミーティングを毎週水曜日に開くようになりました。そこではさすがにボブも酒の問題を認めざるを得なくなったのですが、それで彼の酒が止まったわけではありません。悩むボブにヘンリエッタは「実現する方法がまだ見つかっていないだけだから」と言ってなぐさめ、それが与えられるように多くの人が祈っていました。

そんなときに、ヘンリエッタにビル・ウィルソンが電話をかけてきました。彼女の記憶によると、ビルは電話でこう言ったそうです:

私はオックスフォード・グループの者ですが、ニューヨークから来た酔っぱらいなのです」DBGO, p.88

ヘンリエッタはこれこそ本当に天の恵みだと感じ、事情はよく飲み込めなかったものの、ともかくこの二人の男をすくに引き合わせなくてはならない、と決めたのでした。次回に続きます。

今回のストーリーを通じて僕が伝えたいこと
ビルは、他のアルコホーリクを助けようとすることによって、自分が助けられていました。「助かりたければ、誰かを助けよ」というのが12ステップの根本原理の一つです。
ビル・Wとドクター・ボブの出会いは、家族や支援者の支えや協力の結果であり、「手放すことデタッチメント」によるものではありません。

しかしながら、手を尽くしても酒をやめる方法が分からないとき、ドクター・ボブにも、その妻にも、支援者たちにも、できることは祈ることだけでした。結果として、それが与えられたことを私たちは知っています。

(それにしても、タイヤメーカーの話ばっかりでした)


  1. AA, Alcoholics Anonymous—beginnings and growth — P-6 Three Talks to Medical Societies by Bill W., Co-founder of A.A., AAWS, p.15 — Presented to the New York City Medical Society on Alcoholism on April 28, 1958. []
  2. Susan Cheever, My Name is Bill, Bill Wilson — His Life and the Creation of Alcoholics Anonymous., Washington Square Press, 2004, p.131 []
  3. AACA, p.20 []
  4. AACA, p.97 []
  5. かつては、アパラチア山脈 より西が西部と考えられていた→アメリカ合衆国西部  []
  6. Cheever, loc. cit. []
  7. DBGO, p.78 []
  8. DBGO, pp.90-92 []